北朝鮮で14日、平安北道(ピョンアンブクト)鉄道機動ミサイル連隊の検閲射撃訓練が行われた。朝鮮中央通信が伝えた。

朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の指揮メンバーと国防科学院の指導幹部が、訓練を指導した。今回の訓練の目的は、「鉄道機動ミサイル連隊の戦闘員の戦闘準備態勢を検閲し、火力任務の遂行能力を高めること」だと同通信は伝えた。

同通信によれば、「鉄道機動ミサイル連隊は14日午前、総参謀部から不意に火力任務を受け付け、指摘された発射地点に迅速に機動して2発の戦術誘導弾で朝鮮東海上の設定された目標を命中打撃した」という。

また訓練後、「全国的な鉄道機動ミサイル運用システムを正しく立てて朝鮮式の鉄道機動ミサイル戦法をいっそう完成するための方途的問題が討議された」と同通信は伝えた。

#ミサイル #訓練 #北朝鮮 #射撃


北朝鮮「平安北道鉄道機動ミサイル連隊」が射撃訓練

関連記事

写真で振り返る懐かしの鉄道車両〜小坂鉄道 キハ2100形、DD130形〜【東北編014】

伊予鉄の新型LRTが計10両に 2月に導入記念イベントで「坊ちゃん列車運転台乗車」なども

【YouTube】新 鉄道ひとり旅〜伊予鉄道・横河原線編ショート版〜

嵯峨野観光鉄道、旅客運賃を値上げへ 4月1日からを予定

スマホへメッセージで行動変容促す実証実験 山手線利用者約1,000人対象

「きかんしゃトーマス」が走る静岡・川根路の鉄道 大井川鐵道の魅力を探る 木材輸送から観光鉄道へ【取材ノートから No.9】