14日に放送された『ねほりんぱほりん』(NHK)には駅員が登場し、「音鉄」や「撮り鉄」などの鉄道ファンによる迷惑行為を駅員視点で語った。

■最も困った音鉄の行動を告白

今回登場したのは、勤続20年のベテラン・ #ユージ さん、都市部の大きな駅で働いていた元駅員のミサキさん、郊外の駅で駅員として働いていた鉄道マニア(現在は車掌)のシンペイさんの3人だ。

そんな3人に、司会の #南海キャンディーズ#山里亮太 が「ホーム業務で大変なこととかってお伺いしてもいいですか?」と尋ねると、ミサキさんは「私が一番困っていたのは音鉄の方で…」と苦笑しながら答えた。

ミサキさんによると、音鉄は電車の音を拾いに来る鉄道ファンのこと。しかし当時、ミサキさんが出会った音鉄は、ホームで長いガンマイクを持ちつつ、車外のアナウンスやホームに流れる「まもなく何番線に参ります電車は…」といった声を録音していたそう。

関連記事:

■40〜50人の撮り鉄が…

その時、2〜3メートルある長い棒がホームで動いていたため、運転士は「危ない」と判断し電車を停めてしまうと思ったミサキさん。そのため、音鉄に「ちょっと離れてください」「電車来るのでマイク下ろしてください」と一生懸命対応したという。

一方で「うちの駅も結構撮り鉄さんが集まるんですよ」と話し出したユージさんは、最新型の電車が走る時には40〜50人もの撮り鉄が集まると明かした。

■「うるせぇぞ駅員!」

ユージさんいわく、撮り鉄たちは1メートルほどある脚立に乗ったり、ホームドアから身を乗り出して写真を撮っていたりするとのこと。

そんな撮り鉄に「危ないですからお下がりください」とお願いをするも、ほとんどの撮り鉄からは罵詈雑言が返ってくるそうで「うるせぇぞ駅員! おめぇの声が入っちまうんだよ!」「いつまでもそこに突っ立ってるとネットに動画さらすからな!」と、心無い言葉をかけられることが多々あるそうだ。

■多くの視聴者から怒りの声

なお、この撮り鉄の言動には山里も「安全のためにね、あなたの身の危険のことも考えてやってんのにね!」と怒りをあらわにした。

今回、駅員が明かした鉄道ファンの迷惑行為には、多くの視聴者も「『ネットに動画晒すからな』って言う人の心理が分からぬ…それ炎上するのはそっちでしょ」「音鉄や撮り鉄のマナー違反組は、 鉄道マニアも許せない行為」と腹を立てている。

#駅員 #迷惑行為 #苦悩 #ねほりんぱほりん


『ねほぱほ』出演の駅員、鉄道ファンの迷惑行為に苦悩 「動画さらす」と言われ…

関連記事

写真で振り返る懐かしの鉄道車両〜小坂鉄道 キハ2100形、DD130形〜【東北編014】

伊予鉄の新型LRTが計10両に 2月に導入記念イベントで「坊ちゃん列車運転台乗車」なども

【YouTube】新 鉄道ひとり旅〜伊予鉄道・横河原線編ショート版〜

嵯峨野観光鉄道、旅客運賃を値上げへ 4月1日からを予定

スマホへメッセージで行動変容促す実証実験 山手線利用者約1,000人対象

「きかんしゃトーマス」が走る静岡・川根路の鉄道 大井川鐵道の魅力を探る 木材輸送から観光鉄道へ【取材ノートから No.9】