北朝鮮メディアは鉄道車両から発射するミサイル訓練が、きのう実施されたと伝えました。

北朝鮮の朝鮮中央通信は「鉄道機動ミサイル連隊」による発射訓練が行われたと、けさ、報じました。訓練はきのう行われ、2発の戦術誘導弾で日本海上の目標に命中させたとしていて、きのう、平安北(ピョンアンブク)道から日本海に向けて相次いで発射された短距離弾道ミサイルと推定される飛翔体を指しているとみられます。訓練は、朝鮮人民軍指揮メンバーらと国防科学院の幹部らが指導したとしています。

また、「全国的な鉄道機動ミサイルの運用体系を確立し、鉄道機動ミサイル戦法を一層完成させるための方途的諸問題」が討議されたとも伝えています。

北朝鮮は去年9月にも「鉄道機動ミサイル連隊」の発射訓練を行い、その様子を撮影した動画を公開していますが、鉄道車両から発射するミサイルについて専門家は、鉄道はトラックが入れない山間部に行くことができるため、非常に広い範囲からミサイルを撃てるようになると指摘しています。(15日07:16)

#訓練 #ミサイル #北朝鮮 #車両


北朝鮮「鉄道機動ミサイル連隊の射撃訓練」実施 去年9月以来の鉄道車両からの発射か

関連記事

写真で振り返る懐かしの鉄道車両〜小坂鉄道 キハ2100形、DD130形〜【東北編014】

伊予鉄の新型LRTが計10両に 2月に導入記念イベントで「坊ちゃん列車運転台乗車」なども

【YouTube】新 鉄道ひとり旅〜伊予鉄道・横河原線編ショート版〜

嵯峨野観光鉄道、旅客運賃を値上げへ 4月1日からを予定

スマホへメッセージで行動変容促す実証実験 山手線利用者約1,000人対象

「きかんしゃトーマス」が走る静岡・川根路の鉄道 大井川鐵道の魅力を探る 木材輸送から観光鉄道へ【取材ノートから No.9】