SDKI Inc.は、「世界の鉄道サイバーセキュリティ市場ー予測2022ー2030年」新レポートを 2022年01月14日に発刊しました。この調査には、鉄道サイバーセキュリティ市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-91650

鉄道サイバーセキュリティ市場は、2022年に29.8億米ドルの市場価値から、2030年までに36.9億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に3.1%のCAGRで成長すると予想されています。
[画像: https://prtimes.jp/i/72515/1744/resize/d72515-1744-c4273ecb5258766ae93f-0.png”>

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/press-details/global-rail-cyber-security-market/272

サイバーセキュリティは、データ、ソフトウェア、その他の重要なファイルを保護することにより、サイバー攻撃を防ぐメカニズムです。サイバーセキュリティの主な目標は、機密情報を保護し、攻撃者が情報を損傷または変更するのを防ぐことです。サイバーセキュリティは、デバイスをシンプルで鉄道業界に適応させ、テクノロジーを進歩させます。これにより、ソフトウェアのセキュリティ、データ保護、システム管理などをサポートできるようになります。鉄道サイバーセキュリティ市場は、増大するサイバーセキュリティ問題、およびIoTと自動化テクノロジーの使用の増大によって推進されています。また、クラウドベースのサービスの普及、と鉄道インフラへの投資の増加も鉄道サイバーセキュリティ市場の成長に貢献しています。

さらに、世界の鉄道サイバーセキュリティ市場の主要企業は、製品の発売、合併と買収、パートナーシップと合意、投資、資金調達など、競争上の優位性を獲得するためにさまざまな戦略を採用しています。2016年には、ランサムウェアがサンフランシスコの交通システムを標的にするために使用されました。それに応じて、加害者は70,000米ドルを要求しました。同様に、2018年には、2000台のコンピューターに対するランサムウェア攻撃により、コロラド州運輸局が閉鎖されました。さらに、これらの攻撃の背後にある現在の中国の手は、他の米国の部門に対するサイバーセキュリティの脅威のために疑われており、上院の調査が米国で進行中です。

しかし、発展途上国におけるサイバーセキュリティの革新の欠如、データ保護の理解の高まり、および資格のある熟練したサイバーセキュリティの専門家の不足は、2022ー2030年の予測期間中に鉄道サイバーセキュリティ市場の成長を妨げる可能性があります。

鉄道サイバーセキュリティ市場セグメント

鉄道サイバーセキュリティ市場は、タイプ別(インフラストラクチャ、オンボード)、セキュリティタイプ別(ネットワークセキュリティ、アプリケーションセキュリティ、データ保護、エンドポイント保護、システム管理)、コンポーネント別(ソリューション、暗号化、ファイアウォール、ウイルス対策/マルウェア対策、IDS / IPS、リスク、コンプライアンス、サービス、リスクと脅威の評価、サポートとメンテナンス、設計と実装、その他)および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

鉄道サイバーセキュリティ市場の地域概要

鉄道サイバーセキュリティ市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域は、市場シェアの点で世界をリードする地域です。これは、クラウドベースのサービスの普及、と鉄道インフラへの投資の増加に起因しています。一方、アジア太平洋地域の鉄道サイバーセキュリティ市場は、2022ー2030年の予測期間中に最大の成長率/ CAGRを示すと予想されます。サイバーセキュリティ問題の拡大、とIoTおよび自動化テクノロジーの使用の拡大などの要因により、アジア太平洋地域の鉄道サイバーセキュリティ市場に有利な成長の機会が生まれます。

鉄道サイバーセキュリティ市場の主要なキープレーヤー

鉄道サイバーセキュリティ市場の主要なキープレーヤーには、Thales Group、Alstom、Siemens、Bombardier、General Electric (WabTec)、Nokia Networks、Hitachi、IBM、Cisco、United Technologies (Rockwell Collins)などがあります。この調査には、鉄道サイバーセキュリティ市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL

https://www.sdki.jp/sample-request-91650

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

#セキュリティ #タイ #サイバーセキュリティ #インフラ


世界の鉄道サイバーセキュリティ市場ータイプ別(インフラストラクチャ、オンボード)、セキュリティタイプ別(ネットワークセキュリティなど)、コンポーネント別、および地域別ー予測2022ー2030年

関連記事

写真で振り返る懐かしの鉄道車両〜小坂鉄道 キハ2100形、DD130形〜【東北編014】

伊予鉄の新型LRTが計10両に 2月に導入記念イベントで「坊ちゃん列車運転台乗車」なども

【YouTube】新 鉄道ひとり旅〜伊予鉄道・横河原線編ショート版〜

嵯峨野観光鉄道、旅客運賃を値上げへ 4月1日からを予定

スマホへメッセージで行動変容促す実証実験 山手線利用者約1,000人対象

「きかんしゃトーマス」が走る静岡・川根路の鉄道 大井川鐵道の魅力を探る 木材輸送から観光鉄道へ【取材ノートから No.9】