株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「鉄道整備用機械市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021年〜2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を1月11日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc1037214-railway-maintenance-machinery-market-global.html

[画像: https://prtimes.jp/i/71640/2386/resize/d71640-2386-4f5e93da9dd946be5783-0.jpg”>

市場の概要
世界の鉄道保守機械市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて、同市場は約7%のCAGRで成長すると予測されています。

鉄道保守機械とは、鉄道線路上の損傷を監視・修復するために使用される機械のことです。一般的に使用される機械には、タンパー、バラスト調整装置、動的軌道安定装置、バラストクリーナー、アンダーカッターなどがあります。これらの機械は主に鉄道線路の検査、修理、メンテナンスに使用され、鉄道線路の円滑な機能と運転寿命の向上を実現します。また、鉄道線路の垂直・水平方向の線形を機械的に維持するためにも使用されます。 この装置は、バラスト軌道と非バラスト軌道の両方で使用することができ、マクラギを持ち上げたり、バラストを詰めたりして、線路の様々な部品の摩耗や変形、形状の変化や損傷を防ぎます。

市場の動向
特に発展途上国における鉄道インフラの大幅な改善は、市場成長の主な要因の一つです。各国政府は、国民に安心・安全・効率的な旅行を提供するため、既存の鉄道線路の改修に多額の投資を行っています。さらに、鉄道事故や脱線事故の増加も、市場の成長を後押ししています。定期的にメンテナンスを行うことで、このような事故を防ぎ、人命や財産の損失を最小限に抑えることができます。また、燃料電池を搭載した列車に代わって、電気鉄道が普及していることも、鉄道保守機械の需要を高めています。さらに、モノのインターネット(IoT)による接続機器の統合や人工知能(AI)ソリューションなど、さまざまな技術の進歩も成長を促す要因として作用しています。鉄道保守機関は、鉄道システムの信号、制御、監視、保護のために、スケーラブルでクラウドベースのシステムを使用しています。その他にも、急速な都市化や政府の有利な政策の実施などが、市場の成長を後押しすると予想されています。

主要な市場区分
世界の鉄道保守機械市場は、製品タイプ別、アプリケーション別、販売形態別、地域別に分類されています。

製品タイプ別の市場区分
・タンパー
・動的軌道安定装置
・レールハンドリングマシン
・バラストクリーナー
・その他

アプリケーション別の市場区分
・バラスト軌道
・非バラスト軌道

販売形態別の市場区分
・新規販売
・アフターマーケット

地域別の市場区分
北アメリカ
・アメリカ
・カナダ
アジア太平洋地域
・中国
・日本
・インド
・韓国
・オーストラリア
・インドネシア
・その他
ヨーロッパ
・ドイツ
・フランス
・イギリス
・イタリア
・スペイン
・ロシア
・その他
ラテンアメリカ
・ブラジル
・メキシコ
・その他
中近東・アフリカ

市場の競合状況
世界の鉄道保守機械市場における主要な企業としては、American Equipment Company Inc (Fluor Corporation)、China Railway Construction Corporation Limited、Geatech Group srl、Harsco Corporation、Loram Maintenance of Way Inc. (Coril Holdings Ltd.)、MATISA Industrial Materials S.A、Plasser & Theurer、Speno International SA、Strukton、Teräspyörä-Steelwheel Oy.などが挙げられます。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc1037214-railway-maintenance-machinery-market-global.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

#動向 #シェア


鉄道保守機械市場、2021年から2026年にかけて約7%のCAGRで成長見込み

関連記事

秩父鉄道がPASMO導入、3月サービス開始

列車に乗って「ラーメン一杯!!」 関東鉄道がグルメラリー 下館ラーメン売り込む

秩父鉄道、交通系ICカード「PASMO」を導入 〜2022年3月12日(土)よりサービス開始〜

「いいなぁ、近江鉄道」と想う滋賀県ローカル私鉄の日常風景

古市憲寿氏 銚子電鉄、車両1本の異常事態“限界鉄道”に「新しい鉄道会社の形を模索してほしいなって」

谷原章介 車両1本の異常事態“限界鉄道”の銚子鉄道にエール「逆境を利用してるたくましさも素晴らしい」