車両デザインイメージ(画像:富山地方鉄道)

富山地方鉄道は2022年1月11日より、「富山もようトレイン」の運行を開始する。

豊かな自然や文化といった地元の魅力をビジュアル化し発信する「富山もようプロジェクト」とのコラボから生まれたラッピング車両で、「地域と鉄道をもっと好きになっていただきたい!」という思いをコンセプトとした。

使用車両は1980(昭和55)年製のモハ14769・モハ14770。運転区間は富山地方鉄道全線(本線・立山線・不二越上滝線)で、沿線の魅力を発信する特別ツアーや企画運行等にも活用するという。

デザインを手掛けたのは人気テキスタイルデザイナーの鈴木マサル氏。田園風景に映え、山岳観光をイメージする「ライチョウ」をモチーフとしたものが選ばれた。

電鉄富山駅では11日11時より、運行開始セレモニーを実施予定。

#デザイン #チョウ #車両 #富山地方鉄道


富山地鉄に「ライチョウ」デザイン 「富山もようトレイン」運行開始

関連記事

写真で振り返る懐かしの鉄道車両〜小坂鉄道 キハ2100形、DD130形〜【東北編014】

伊予鉄の新型LRTが計10両に 2月に導入記念イベントで「坊ちゃん列車運転台乗車」なども

【YouTube】新 鉄道ひとり旅〜伊予鉄道・横河原線編ショート版〜

嵯峨野観光鉄道、旅客運賃を値上げへ 4月1日からを予定

スマホへメッセージで行動変容促す実証実験 山手線利用者約1,000人対象

「きかんしゃトーマス」が走る静岡・川根路の鉄道 大井川鐵道の魅力を探る 木材輸送から観光鉄道へ【取材ノートから No.9】