被災した 120 形市電車両 (本牧箕輪下電車停留所付近) 1923(大正 12)年 9 月 横浜都市発展記念館蔵

今から 150 年前、新橋と横浜の間で開業した鉄道は、その後、全国に線路を延ばしていきました。 大正時代は、2 代目横浜駅の開業〔1915年(大正4)〕や、東京・桜木町駅(初代横浜駅)間の電化、 電気鉄道の市営化〔1921年(大正10)〕と新規路線の整備計画の策定など、横浜市内の交通網が大 きく発展した時期でした。そうした中、未曽有の悲劇に見舞われます。1923年(大正12)9月1日 に発生した関東大震災です。
2023年には関東大震災から100年の節目を迎えます。本展では、震災からの復旧工事に携わった 鉄道技師の遺した写真アルバムを中心に、物流の大動脈となりつつあった鉄道や横浜の交通網の被 災から復旧、復興に至る様子を多彩な資料で紹介します。本年は鉄道開業150年の記念の年で ありますが、近い将来の発生が指摘されている大規模地震への備えが叫ばれる中、鉄道と災害の歴 史を見直すきっかけになれば幸いです。

展示概要

【会期】2022(令和4)年1月15日(土)〜 3月27日(日)
【会場】横浜都市発展記念館 3F 企画展示室
【開館時間】9:30〜17:00(券売は 16:30 まで)
【観覧料】一般 500 円、小中学生および横浜市内在住 65 歳以上 250 円
【休館日】毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
【展示点数】約200点
【関連企画】
・展示解説 1/29日(土)、30日(日)、2/13(日)、3/12(土)、13(日) 各日とも13:30〜30分程度 先着15名
・パネル展示「鉄道橋の関東大震災」(当館1Fギャラリーにて開催)

ここが見どころ!

① 鉄道技師が遺した写真帳

関東大震災鉄道復旧工事写真帳 河邊啓太郎氏蔵 横浜開港資料館保管

鉄道技師・木村義麿 肖像 昭和3年頃 河邊啓太郎氏蔵 横浜開港資料館保管

鉄道橋を専門とする鉄道技師だった木村義麿(1885-1946)は4冊の写真帳を遺しました。関東大震災後、鉄道省の技術職員として東海道本線の馬入川橋梁、熱海線の酒匂川橋梁や白糸川橋梁の工事に従事し、その過程の写真約500枚を写真帳にまとめました。木村の遺した写真からは、当時すでに物流の大動脈となっていた東海道本線の復旧工事の過程だけでなく、当時の高い土木工事の様子が窺えます。
②市民の足の崩壊と復興

オソ 10 形貨車と復旧工事に従事した人びと 河邊啓太郎氏蔵・横浜開港資料館保管

写真帳『大震火災電気鉄道被害情況』(横浜市電気局)も貴重な資料です。当時、電気局の置かれていた滝頭周辺の被災状況から車両や施設の被害、復旧工事、バラック電車の運行などが収められています。市民の足として身近な交通機関として定着していた電気鉄道(横浜市電)の、震災からの復興の様子をご紹介します。
③多彩な資料から追う鉄道と関東大震災

八木彩霞の日記 八木洋美氏蔵 横浜開港資料館保管

横浜から地方へ鉄道で避難する人びと 1923(大正 12)年 9 月 横浜都市発展記念館蔵

近年注目が高まっている市民が遺した日記や、震災遺構からの出土資料なども展示します。鉄道を用いて災害から避難する人々の様子をはじめ、関東大震災がもたらした鉄道や市民生活への影響を捉え直します。
・新型コロナウイルス感染拡大防止のため、会期・開館時間等を変更する場合があります。
・展示をご覧になる際には、オンラインによる事前予約(日時指定)をご利用いただくとご入館がスムーズです!詳細はホームページをご覧ください。http://www.tohatsu.city.yokohama.jp/news/event8.html

#開業 #東大 #震災 #大正


鉄道開業 150 周年記念 企画展「激震、鉄道を襲う!—関東大震災と横浜の交通網—」開催

関連記事

写真で振り返る懐かしの鉄道車両〜小坂鉄道 キハ2100形、DD130形〜【東北編014】

伊予鉄の新型LRTが計10両に 2月に導入記念イベントで「坊ちゃん列車運転台乗車」なども

【YouTube】新 鉄道ひとり旅〜伊予鉄道・横河原線編ショート版〜

嵯峨野観光鉄道、旅客運賃を値上げへ 4月1日からを予定

スマホへメッセージで行動変容促す実証実験 山手線利用者約1,000人対象

「きかんしゃトーマス」が走る静岡・川根路の鉄道 大井川鐵道の魅力を探る 木材輸送から観光鉄道へ【取材ノートから No.9】