スーパーマーケットには、商品がどこにあるかを示す看板がいたるところに設置されています。

とと(@Ottotohokuhoku)さんは、埼玉県三郷市にあるスーパーマーケット『イトーヨーカドー』の三郷店で、一風変わった看板を目撃。

その看板は、ユニークながらも、分かりやすいものとなっていました。

同店内の各所に設置されていた、一般道路で目にするような案内標識がデザインされた看板。

方角だけでなく、通路を何本挟むか、何歩歩いたらたどり着くかといった、詳細な情報があるのも特徴的ですよね。

利用者にとっては、分かりやすい看板となっていることが分かります。特に、初めて同店で買い物する人には、これほどありがたい案内はないでしょう。

【ネットの声】

・どこか、マニアっぽさを感じる看板。分かりやすいからほかの店舗でも導入してほしい。

・よく行くけど、知らなかった…。このセンスには嫉妬してしまう。

・超名案。スーパーマーケットでよく目にする看板は小さくて分かりづらいんだよね。

数あるスーパーマーケットでも、こうして方角や距離を示しているお店は多くはないでしょう。

利用者の目に立っているからこそ、こうした丁寧な看板を作れるといえそうですね!

[文・構成/grape編集部]

出典 @Ottotohokuhoku

#イトーヨーカドー #スーパーマーケット #埼玉県 #ユニー


イトーヨーカドーに設置されていた案内看板 分かりやすさに「超名案!」

関連記事

写真で振り返る懐かしの鉄道車両〜小坂鉄道 キハ2100形、DD130形〜【東北編014】

伊予鉄の新型LRTが計10両に 2月に導入記念イベントで「坊ちゃん列車運転台乗車」なども

【YouTube】新 鉄道ひとり旅〜伊予鉄道・横河原線編ショート版〜

嵯峨野観光鉄道、旅客運賃を値上げへ 4月1日からを予定

スマホへメッセージで行動変容促す実証実験 山手線利用者約1,000人対象

「きかんしゃトーマス」が走る静岡・川根路の鉄道 大井川鐵道の魅力を探る 木材輸送から観光鉄道へ【取材ノートから No.9】