「北京 #冬季五輪 列車」が6日、華々しくデビューした。

中国で初の敷設及び運用が行われているスマート高速鉄道で、北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道では、「瑞雪迎春」の文字がデザインされた「北京冬季五輪列車」が運行していた。

「北京冬季五輪列車」は、時速350キロメートルの自動運転を行い、全自動で列車の発車や運行、停車、ドアの開閉を行うほか、スマートメディア車両や高速鉄道モバイルテーマ郵便局、バリアフリー設備の導入、5Gハイビジョンスタジオなど、さまざまな乗車体験を可能にしている。

「北京冬季五輪列車」は、8両編成で、乗車定員は564人、ビジネス、1等、2等、メディア専用の各車両が設けられている。うち5号車は多機能車両となっており、メディア作業エリアが設けられ、5Gハイビジョンによる競技の生放送を可能にしている。1号車、4号車、8号車各車両には、車両の一端にスキー用具の保管棚が設けられているほか、4号車には車椅子スペース、バリアフリートイレ、ホームと車両床面の段差・隙間縮小用補償板が設けられている。

京張高速鉄道は、北京冬季五輪・パラリンピックのために、1月21日から3月16日までの55日間、1日最多40往復の輸送サービスを提供する。

北京清河駅からの所要時間は、延慶まで26分、太子城まで50分、崇礼駅まで65分となっている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

#北京 #冬季五輪 #高速鉄道 #中国


「北京冬季五輪列車」が京張高速鉄道に登場—中国

関連記事

写真で振り返る懐かしの鉄道車両〜小坂鉄道 キハ2100形、DD130形〜【東北編014】

伊予鉄の新型LRTが計10両に 2月に導入記念イベントで「坊ちゃん列車運転台乗車」なども

【YouTube】新 鉄道ひとり旅〜伊予鉄道・横河原線編ショート版〜

嵯峨野観光鉄道、旅客運賃を値上げへ 4月1日からを予定

スマホへメッセージで行動変容促す実証実験 山手線利用者約1,000人対象

「きかんしゃトーマス」が走る静岡・川根路の鉄道 大井川鐵道の魅力を探る 木材輸送から観光鉄道へ【取材ノートから No.9】