#松本零士 原作で1979年に公開されたアニメ映画「劇場版『銀河鉄道999』」が、最新鋭の技術を使った高精細の映像やリアルな音でよみがえることになった。制作会社の東映アニメーション(東京)が「ドルビーシネマ版」と銘打ち、14日から全国7館で順次公開する。興行が成功すれば、ほかの名作アニメの高画質版の制作を行うという。

「銀河鉄道999」は、母を亡くした少年の鉄郎と謎の美女のメーテルが、鉄道に乗って宇宙を旅する物語。78年からテレビアニメが放送され人気を呼び、翌年、「劇場版」が公開された。

今回の企画は、同社の木下陽介プロデューサー(41)が「999は熱烈なファンが多く、映画館で見たい人もいるはず」と提案した。元の映画フィルムをデジタル化したデータを約1年かけて、色調や画面の輝きなどを調整し、高解像度の映像に変換した。

銀河鉄道が走る宇宙の闇と光り輝く星々のコントラストがよりくっきり映り、メーテルがつけた帽子や衣装の黒色は深みを増した。音についても、専用上映館の天井や壁面などに設置されたスピーカーで、立体的な音響効果を再現。宇宙を走る列車などの音は迫力を増したという。

東映アニメーションは48年に設立され、「ドラゴンボール」や「ONE PIECE」など数多くの人気アニメを手掛けてきた。これまで劇場アニメを257本、テレビアニメを228本制作した(昨年9月末時点)。フィルム時代の作品には、日本初のカラー長編アニメ映画「白蛇伝」をはじめ、アニメ史の上で貴重なものもある。

だが、同社の近藤修治・映像管理室長(52)は、「アニメのフィルムやテープは貴重な財産。だが、それらを保存するにはお金がかかる」と打ち明ける。フィルムには劣化の恐れがあるため自社作品のデジタル化は急務だ。「銀河鉄道999」など同社の名作の活用を進める。

#メーテル #アニメ #松本零士 #19


メーテルもより鮮明に…高画質版でよみがえった劇場版「銀河鉄道999」公開へ

関連記事

写真で振り返る懐かしの鉄道車両〜小坂鉄道 キハ2100形、DD130形〜【東北編014】

伊予鉄の新型LRTが計10両に 2月に導入記念イベントで「坊ちゃん列車運転台乗車」なども

【YouTube】新 鉄道ひとり旅〜伊予鉄道・横河原線編ショート版〜

嵯峨野観光鉄道、旅客運賃を値上げへ 4月1日からを予定

スマホへメッセージで行動変容促す実証実験 山手線利用者約1,000人対象

「きかんしゃトーマス」が走る静岡・川根路の鉄道 大井川鐵道の魅力を探る 木材輸送から観光鉄道へ【取材ノートから No.9】