1日午前0時5分、貨物を満載した列車が広西南寧国際鉄道港を出発してベトナム・ハノイに向かった。この列車は、地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が発効してから初めてRCEP加盟国に向かう国際貨物列車になった。中国新聞網が伝えた。

同列車には40フィートコンテナが23基、20フィートコンテナが2基積まれ、中には電子部品、日用雑貨、化学製品などの一般貿易と越境ECの貨物で、総重量は800トンを超え、価格は1千万ドル(約11億5900万円)以上に達し、28時間後にハノイに到着する予定となっている。

広西チワン族自治区商務庁の楊春庭(ヤン・チュンティン)庁長はRCEP発効後初の国際貨物列車の出発式典で、「ここ数年、西部地域では陸と海の新ルートの建設が加速して、『海陸空』でRCEP加盟国を全方位的に連結する越境物流システムと欧州連合(EU)-ASEANを結ぶ陸と海における国際貿易の新ルートが形成された」と説明した。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

#RCEP #中国 #コンテナ #ベトナム


RCEP発効後初の国際貨物輸送列車が運行—中国

関連記事

写真で振り返る懐かしの鉄道車両〜小坂鉄道 キハ2100形、DD130形〜【東北編014】

伊予鉄の新型LRTが計10両に 2月に導入記念イベントで「坊ちゃん列車運転台乗車」なども

【YouTube】新 鉄道ひとり旅〜伊予鉄道・横河原線編ショート版〜

嵯峨野観光鉄道、旅客運賃を値上げへ 4月1日からを予定

スマホへメッセージで行動変容促す実証実験 山手線利用者約1,000人対象

「きかんしゃトーマス」が走る静岡・川根路の鉄道 大井川鐵道の魅力を探る 木材輸送から観光鉄道へ【取材ノートから No.9】