山陽新幹線“ナゾの桃太郎の駅”「岡山」には何がある? から続く

無人駅というのは、つまり駅員のいない駅のことである。

東京や大阪のような大都市ではめったにみかけるものではないが、地方の鉄道を旅しているとむしろ無人駅ばかりに出会う。なんでも、全国の鉄道駅のうち半分近くが無人駅だというから、大都市をのぞけばそこらじゅう無人駅だらけなのだ。(全2回の2回め/ 前編を読む )

岡山のとある場所に、ホラーみたいな「人がいる無人駅」が……?

「人がいる無人駅」

そんな無人駅に、人がいたらどうだろう。もちろん乗客の話ではない。たいていの駅がもとは有人駅でそれが無人駅になったわけで、だから乗客は少ないのだが、まったくいないわけではない。無人駅にいたら驚く人は、鉄道会社の人である。誰だって、無人駅には駅員さんも鉄道会社の人もいなくて、せいぜいたまの見回りに来るくらいなものだと思っている。

ところが、そんな無人駅で働いている人がいるんです、という話を聞いた。JR西日本の広報氏が、「岡山の方では無人駅で社員が仕事をしているんです」などと矛盾に満ちたことを教えてくれたのだ。いったい、どういうことですか。

「オフィスとして優秀」だった無人駅

詳しく聞いてみると、話は意外とシンプルだった。

新型コロナウイルスなるものがやってきて、出社する社員を減らす分散勤務、テレワークが求められた。

しかし、会社員たる皆様はよくよくご存知の通り、テレワークというものはそう簡単にはできない。社内のネットワークに接続しなければならないし、そのための設備が自宅にはなかなか整っていない。それに、急に家族と暮らしている自宅で仕事をしろと言われてもなかなかはかどらずに苦労する。

かといってこれまで通りに出社するわけにもいかず、さてどうしよう、とJR西日本の岡山支社では頭を悩ましたという。

「そこでですね、無人駅を利用してはどうだろうという話になったんです。無人駅にも有人駅だった頃の設備がそのまま残されているところがありまして、それを利用すれば支社に出社しなくても仕事ができる、と。

ウチの場合、当初は社内ネットワークには有線LANでしかつなぐことができなかった。なので、どうしても自宅でのテレワークが難しかったんです」

説明してくれたのは岡山支社駅業務課の桑木敏則課長。つまり、無人駅に残されていた設備を使えば社内のネットワークに接続することもできるし、電話もコピー機もファックスもイスもデスクも休憩スペースも整っている。分散勤務が必要ならば、支社の社員に無人駅でテレワークをしてもらえばいいじゃないか、となったのである。

ノーパソに現地のLANケーブルをつなげばOK

「はじめたのは2020年の5月からですね。無人駅で働いているのは支社の社員、つまり間接部門の社員です。なので、あくまでも駅で働く駅員ではないんです。ノートパソコンを持って行ってもらい、無人駅に残っていたLANケーブルにつなげばもうそれだけでOK。あとは普通に仕事をしてもらえばいい、ということですね」(桑木さん)

無人駅でテレワークを行うためにはLANケーブルや電話などの設備が整っていることが必須条件だ。中には駅舎を建て替えてしまって待合室ていどの建物しかなく、内部で社員が仕事をすることができないような無人駅もある。また、駅舎が残っていても地元自治体に譲渡している駅もある。そうした駅ではとうぜんテレワークをすることはできない。

その結果、岡山支社管内の13駅が“テレワーク”の執務場所となる無人駅になったという。

「範囲は山陽本線を中心に宇野線、吉備線、伯備線、津山線と結構広いんです。社員が自宅から近い駅で仕事をしてもらうスタイル。基本的に希望する社員が希望する駅でテレワークできるようにしていますね」(桑木さん)

希望する、といってもそれまで使われていなかった駅舎の中でひとりぼっちのテレワーク。希望者はあまりいないんじゃないですかね……。

「いえいえ、実はそれが結構人気なんです。支社に出社すると上司の目もあるし、自宅にいても家族がいるからひとりになりたいというのもあるんでしょう(笑)。

それに、支社で働いている間接部門の社員であっても、みんな根っこは鉄道員です。駅にいると、列車が来たこともわかるしお客さまが通るのもわかる。何かあればお客さま対応をすることもあるんです。改めて自分が鉄道会社の人間であることを再認識することもできるので、その点でも無人駅でのテレワークは多くの社員が気に入ってくれています」(桑木さん)

テレワーク無人駅の“思わぬ副産物”

テレワークをする社員は自宅から近い無人駅を選び、そこに通勤、通常と同じように朝9時から夕方18時頃まで働いて、そのまま帰っていく。

そして最初は分散勤務を目的にスタートした無人駅でのテレワーク、思わぬ副産物もあった。

社員が無人駅でテレワークをしていることは、その駅を管轄している駅にも連絡を入れている。つまり、駅側も「いつもは駅員不在の駅に今日は社員がいる」ということを把握しているのだ。そこで、急を要する事態が発生した場合には、テレワーク中の社員が対応することも可能になる。

もちろん、テレワーク中の駅員ではなくあくまでも間接部門の社員であり、対応できる範囲には限りがある。しかし、急病人の対応やきっぷの購入に戸惑っている乗客の案内といったものであれば誰でも対応できるし、駅近くの踏切の遮断桿が折れたといったトラブルでも応急措置の訓練を受けた社員なら迅速に対応できるのだ。

「管理駅から社員を向かわせるとどうしても時間がかかってしまいます。列車ではなくクルマで移動する場合も多いのですが、渋滞に巻き込まれてしまうといつになっても着かないことも。そうした場合にも、無人駅にテレワーク中の社員がいることで少しでも早い対応が可能になる。駅からも『頼りになる』というお話をいただいていますね」(桑木さん)

テレワーク無人駅が奏功した夏の豪雨

こうした対応が実際に功を奏したこともある。2021年夏の豪雨。あらかじめ大雨が予想されたため、無人駅でテレワークを予定していた社員に対して早めの出社(というか出駅?)を要請した。

岡山支社管内の無人駅の中には、大雨が降ると駅前広場や駅舎が浸水してしまう駅があるという。そのひとつが、山陽本線の備後赤坂駅だ。過去にも浸水被害に見舞われたことがあるため、ジャッキアップでかさ上げできる自動改札機が導入されている。

しかし、そこは無人駅の悲哀。いくら改札機をジャッキアップできるといっても駅員がいない。備後赤坂駅は福山駅の管轄だが、福山駅から社員がかけつけるのではとても間に合わず、ジャッキアップの甲斐なく自動改札機は雨水に浸水してしまう。

そこで役に立ったのが、早めに備後赤坂駅に出社した岡山支社の社員だ。早朝、すでに駅前に雨水がたまっている状況を見てすぐに自動改札機をジャッキアップ。戸惑っている乗客の案内も昔取った杵柄でたやすくこなし、大きな被害を生むことなくいつもの備後赤坂駅の日常を取り戻すことができたのだ。

現地に向かうと国鉄時代の古い駅舎がぽつんと…

実際に備後赤坂駅を訪れてみた。出迎えてくれたのは、大雨の際に対応にあたった岡山支社駅業務課の掛研司さんと、取材当日に備後赤坂駅でテレワークをしていた同じく駅業務課の門田康嗣さんだ。

備後赤坂駅は福山駅と尾道駅の間にある小さな駅で、国鉄時代の古い駅舎がぽつんとたたずんでいる。無人駅になったのは2020年の3月から。それ以前は駅員が常駐していたわけで、駅舎内には執務机やコピー機、電話などがほとんどそのまま残されていた。

「大雨の日には早朝、クルマでこの駅に出勤したのですが、すでに駅前はかなり雨水がたまっていました。どうしても構造上駅前から駅舎の中にかけて雨水が流れてきてしまうんですよね。お客さまも戸惑っていましたし、早く出勤して良かったなと思いました」(掛さん)

もちろん、こういった特別な対応が必要になるケースはほとんどなく、いつもは駅舎の中でひとり仕事に没頭することになる。正直なところ、さみしかったりしないんですかね……。

「それはあまりないですね。ひとりでのびのび……いや、集中できます(笑)。昔使っていたコピー機があるので、駅への掲示物を貼ってくれとかそういう要望が駅から来たときにもすぐにこちらで対応できるんですよ。

管理駅からひと駅ずつ社員が回っていたら時間がかかってしょうがない。そういう意味でも、我々は間接部門の社員ですけど、駅の役にも立っていると思いますよ」(門田さん)

「あ、学生さんが帰ってきた時間帯だな」意外と聞こえる“駅の音”

無人駅に出社したら、だいたいまずは駅を見回ってゴミがあれば掃除することもあるという。

「基本的にはずっとパソコンに向き合って仕事をしていますが、気分転換もかねてちょっと駅の中を歩いたり。間接部門で働いていると、お客さまと直接接する機会がなかなかないですからね。改めてお客さまに支えられているんだなと実感することができたのはほんとうに良かったです」(掛さん)

「駅舎の中にいても、外の音が結構よく聞こえるんです。学生さんが帰ってきた時間帯だな、とかそういうのもよくわかる。駅という現場で働いているわけですから、やっぱり緊張感もあって身が引き締まる。仕事自体も何の問題もなくできています。いいシステムだと思います」(門田さん)

ふたりとも、無人駅でのテレワークには満足しているようだ。

テレワーク無人駅の投資は「正真正銘の“ゼロ”」

ちなみに、無人駅の駅舎の中は有人駅のままに残されているところがほとんど。だから無人駅でのテレワークをするにあたっての投資は正真正銘の“ゼロ”だ。当初は分散勤務が目的だったが、今では分散勤務以上に“駅に社員がいる”ということのメリットが大きいため、コロナ禍が収束しても継続していく予定だという。

「必ず社員がいるわけではないのでお客さまに周知することはできないのですが、それでも何かあったときに対応できる人が無人駅にいるということは駅の業務にとっても大きいメリットになっています」(桑木さん)

“無人駅に人がいる”という想像以上の安心感

もともと無人駅といっても、本当に終日誰も来ないわけではない。点検・見回りのスタッフが必ず足を運ぶし、自動券売機のお金の管理も必要だ。車椅子の乗客が来ればそのサポートもある。

そうした業務の多くは、社内の訓練を受けた駅員でなければできないのが原則で、テレワーク中の社員には難しい。しかし、それでも“無人駅に人がいる”という安心感は想像以上のものがあるようだ。

「ウチもプレスリリースなどで公表しているわけではないので他社の事情はわかりませんが、無人駅でのテレワークは全国初じゃないかと思いますよ。最初はコロナ対策の分散勤務。それが思った以上の成果を上げている。当社内でも岡山支社が初めてで、他のエリアについては岡山支社の状況を踏まえてという段階です」(JR西日本の広報氏)

無人駅に人がいる——。これだけ聞くとなんだかホラーみたいなお話だ。が、実際に無人駅にいるのはれっきとした鉄道会社の社員さん、つまり鉄道員だ。だから夕暮れ時の無人駅の駅舎に明かりがついていても、それはホラーではなくむしろ“安心”。増加傾向にあるという無人駅だが、あんがいこうした活用方法がいちばんいいのかもしれない。

写真=鼠入昌史

(鼠入 昌史)

#無人駅 #ホラー #都市 #山陽新幹線


誰もいないはずの駅に…ホラーみたいな「人がいる無人駅」のナゾ

関連記事

写真で振り返る懐かしの鉄道車両〜小坂鉄道 キハ2100形、DD130形〜【東北編014】

伊予鉄の新型LRTが計10両に 2月に導入記念イベントで「坊ちゃん列車運転台乗車」なども

【YouTube】新 鉄道ひとり旅〜伊予鉄道・横河原線編ショート版〜

嵯峨野観光鉄道、旅客運賃を値上げへ 4月1日からを予定

スマホへメッセージで行動変容促す実証実験 山手線利用者約1,000人対象

「きかんしゃトーマス」が走る静岡・川根路の鉄道 大井川鐵道の魅力を探る 木材輸送から観光鉄道へ【取材ノートから No.9】