オタクの祭典「コミックマーケット99」(C99)最終日が31日、東京・有明の東京ビッグサイトで開催。

そんな中、鉄道ジャンルのサークルが集まるスペース(通称・鉄道島)にはツイッターで話題を呼んだ“江ノ電自転車ニキ”(以下、ニキ)が登場し、多くのファンが集まった。

■例の動画で時の人に

ニキは、2021年夏、江ノ電撮影スポットに写り込んだことで撮り鉄を中心にネットで広く知られることになった外国人男性。

普段は神奈川・江ノ島でタコスバーを経営しており、騒動以降、その存在を知ったファンが大勢訪れる状況が続き、ネット記事でも多く取り上げられた。あの動画、すごいバズってた。

関連記事:『コミケ99』伊織もえ、コスプレ広場一番乗りも人っ子一人いない状況に衝撃

■江ノ電研究家とコラボ

この日、登場したのは江ノ島電鉄専門の同人誌を制作している同人サークル「イナシュウ」。

主宰に話を聞くと、「毎年江ノ電を研究した同人を出しているのですが、ニキの存在を知ってコラボを申し込んだら“ゼヒ!”と応えてくれて…!」とニキ来場への経緯を教えてくれた。

ちなみにこのイナシュウの同人誌では、ありとあらゆる江ノ電にまつわる情報が掲載されており、並んでいた『年刊イナシュウvol.3』(122P構成、表紙周り&巻頭カラー)では、車両の組み合わせを綿密に分析した特集記事を用意するなどかなりの読み応え。これ片手に江ノ電に乗りたくなっちゃう。

■現場に来てくれたニキ

「今回出展するにあたって、ニキは『せっかくだからコミケっていうのに行ってみたい』と言ってくれたのです」と主宰は続ける。

ニキが現場に到着すると、気づいたファンが「ニキがコミケに来ている!」とツイッター投稿。ネット上でバズり、ブースには人が殺到することになった。

現場ではニキが慌ただしく客さばきをしており、写真撮影に応じつつ、用意したニキの写真を使ったTシャツ、アクリルスタンド、ステッカーを次々手渡していく。ちなみにアクリルスタンドはまたたく間に完売となっていた。すごい人気…。

■「謝りたい気持ち」

この記事ではニキがバズった経緯に触れるのが絶対的な筋なのだが、じつは取材時にニキ本人から「そこはもう触れないでほしいんですよね…」とお願いがあった。

「私も状況がわかっていなかったし、撮り鉄のみんなに謝りたい気持ちもあるんです」とニキ。江ノ島と江ノ電が好き…そんな真摯な姿勢があるからか、今では店に当時の撮り鉄が来てくれることもあるよう。とりあえずは一件落着のようだ。

#江ノ電 #自転車 #コミケ #東京


『コミケ99』江ノ電自転車ニキが“鉄道島”へ来て話題に…「みんなに謝りたい」

関連記事

写真で振り返る懐かしの鉄道車両〜小坂鉄道 キハ2100形、DD130形〜【東北編014】

伊予鉄の新型LRTが計10両に 2月に導入記念イベントで「坊ちゃん列車運転台乗車」なども

【YouTube】新 鉄道ひとり旅〜伊予鉄道・横河原線編ショート版〜

嵯峨野観光鉄道、旅客運賃を値上げへ 4月1日からを予定

スマホへメッセージで行動変容促す実証実験 山手線利用者約1,000人対象

「きかんしゃトーマス」が走る静岡・川根路の鉄道 大井川鐵道の魅力を探る 木材輸送から観光鉄道へ【取材ノートから No.9】