店舗向けサブスクプラットフォームを提供するfavyは、JR東日本ならびにJR東日本クロスステーションと協同で、「新幹線オフィス車両」利用者を対象としたコーヒーとシェアオフィスのサブスクリプションサービスを12月1日に開始した。

駅ナカシェアオフィス「STATION BOOTH」イメージ

このサービスは、東北・北海道・上越・北陸新幹線の8号車に設定している「新幹線オフィス車両」を利用する人だけが購入・利用できる。同車両に搭載しているリーフレットからのみ購入できる。

サブスクプランは4つあり、対象のベックスコーヒーショップ9店舗で来店ごとにブレンドコーヒーS/M1杯(通常300円)を無料、Lサイズを1杯50円で提供する「新幹線オフィスベックスコーヒープラン」は月額2,500円。1日3回まで利用できる。

ベックスコーヒーと「STATION BOOTH」イメージ

JR東日本が提供する駅ナカシェアオフィス「STATION BOOTH」で、30分利用券を月5回利用できる「新幹線オフィス STATION BOOTH 30分プラン」は月額1,500円。60分利用券を月5回利用できるプランは月額3,000円、90分利用券を月5回利用できるプランは月額4,500円。いずれも販売期間は2022年2月28日まで。サービス提供期間は3月31日までとなる。

#新幹線 #JR東日本 #電車


JR東日本など「新幹線オフィス車両」利用者限定のサブスクサービス

関連記事

JR東海の新CMに深津絵里が出演「会うって、特別だったんだ。」公開

智頭急行、恋山形駅で平日・土休日に15分間停車する普通列車を設定

東京メトロ有楽町線・南北線、延伸に着手へ – 国と都が予算に計上

写真で振り返る懐かしの鉄道車両〜弘南鉄道大鰐線 クハ1266形、クハ16形、6000系〜【東北編013】

14日発射の北朝鮮ミサイルは2発 21年9月と同型か 防衛省

沿岸部の鉄道で運休など相次ぐ 津波警報・注意報の影響