レンタルオフィスとコワーキングスペース「ビズコンフォート」を運営するウォークは、実際に使用していた電車の運転士席など京成電鉄のモチーフを随所に取り入れたコワーキングスペースを東京都葛飾区で12月4日に開業すると発表した。

「KEISEI×BIZcomfort 青砥駅前」のワークブース(イメージ)

コワーキングスペースの名称は「KEISEI×BIZcomfort(ケイセイ×ビズコンフォート)青砥駅前」。京成本線青砥駅から徒歩1分の京成青戸ビル3階にオープンする。

廃車となった京成電鉄3600形の運転士席をはじめ、昔の駅舎風景や駅サイン、中吊りポスターを模した装飾などを施設内に取り入れ、京成電鉄の車内をイメージしたデザインで統一。「仕事をしながら電車に乗っているような気分を味わえる」という。

京成電鉄3600形の運転士席イメージ(赤丸内)

ワークブースは1席ごとに仕切りを設け、周りを気にせず集中できる環境を整備。大きな画面や2画面で作業できるモニター席、半個室になっているソファ席など、気分や用途に合わせて席を選べる。リモート会議や取引先との電話などに便利な個室のテレフォンブースも用意した。高速Wi-Fi、フリードリンク、無料プリンターなどの設備も備える。24時間365日利用可能で、利用料金は月額2,200円からとなる。

#京成電鉄 #電車 #駅


京成電鉄3600形の運転士席も! 電車モチーフのコワーキングスペース

関連記事

JR東海の新CMに深津絵里が出演「会うって、特別だったんだ。」公開

智頭急行、恋山形駅で平日・土休日に15分間停車する普通列車を設定

東京メトロ有楽町線・南北線、延伸に着手へ – 国と都が予算に計上

写真で振り返る懐かしの鉄道車両〜弘南鉄道大鰐線 クハ1266形、クハ16形、6000系〜【東北編013】

14日発射の北朝鮮ミサイルは2発 21年9月と同型か 防衛省

沿岸部の鉄道で運休など相次ぐ 津波警報・注意報の影響