重慶中車長客軌道車両有限公司が開発した中国国内で初となる「デュアル・モード」の鉄道車両が重慶で20日にラインオフした。これにより、中国の軌道交通システムにおける空白を埋め、郊外と市内を結ぶ鉄道と市内軌道交通の相互接続と同一車両による直通化、乗換なしの実現という全く新しい運行モードを生み出している。中国新聞網が伝えた。

新型軌道交通システムである「デュアル・モード」は、「同一車両による直通」と「乗換なし」を実現する上で効果的なスタイルの一つであり、郊郊外と市内を結ぶ鉄道の長距離区間のスピード運行を実現するだけでなく、鉄道敷設のための経費節約にもなる。また、郊外と市内を結ぶ鉄道と市内軌道交通との相互接続を実現し、同一車両で市内の主な客流集散地に到達することができ、産業と人口を都市周辺の各級城鎮に集めることを促進し、都市部発展のクオリティーの全面的な向上をサポートすることになる。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

#車両 #中国 #重慶市 #システム


中国で初となる「デュアル・モード」の鉄道車両がラインオフ—重慶市

関連記事

黒部峡谷トロッコ電車 この冬の新企画白銀の景色の中、新山彦橋をトロッコでわたる「冬の黒部峡谷プレミアムツアー」を開催

日本ベネックス、11月29日より『長崎電気軌道360形メタルクラフトモデル』を発売

「徹底したコスト削減」鉄道減便、コロナが拍車

23番線まである東京駅、なぜか存在しない「11〜13番線」…「鉄道の歴史」が大きく関係

林家たい平 ナレーター鉄道番組300回に「旅心くすぐられますよ」

鉄道技術展2021 – 近畿車輛、車載製品やVR用いた設計検証など紹介