名古屋鉄道は、11月23日に開催する「南知多町×名古屋鉄道 南知多町制施行60周年記念イベント」の一環で、2000系(4両編成)による臨時特急「うつみ」「名鉄名古屋」を名鉄名古屋~内海間で運転すると発表した。

名鉄2000系の臨時特急「うつみ」「名鉄名古屋」を11月23日に運転

「南知多町×名古屋鉄道 南知多町制施行60周年記念イベント」は、3町2村の合併による南知多町の発足から今年で60周年を迎えたことを記念し、11月23日に開催。2000系による名鉄名古屋~内海間の臨時特急は11月23日に2往復を設定し、往路の内海行は「うつみ」、復路の名鉄名古屋行は「名鉄名古屋」として、町制施行60周年を記念したイラスト系統板を掲出して運転される。往路の「うつみ」は名鉄名古屋駅11時5分発・11時35分発、復路の「名鉄名古屋」は内海駅13時58分発・14時29分発。各列車の特別車両券(ミューチケット)は10月23日から販売開始する。

内海駅では11月23日の13時45分頃から、臨時特急「名鉄名古屋」の出発式を開催。南知多町長と同町キャラクター「ミーナ」、内海駅長が臨時特急に発車合図を行い、「徳川家康と服部半蔵忍者隊」が列車を見送る。

同日の10時30分から、内海駅特設販売所で「南知多町制施行60周年硬券入場券記念セット」も発売。内海駅の通常硬券入場券と南知多町制施行60周年記念系統板デザインキーホルダー1個のセットで、発売額は900円。キーホルダーは3種類あり、各500セット、計1,500セット発売され、1人1回につき3セットまで購入できる。

#特急列車 #名鉄 #電車


名鉄2000系の臨時特急「うつみ」「名鉄名古屋」11/23に2往復運転へ

関連記事

黒部峡谷トロッコ電車 この冬の新企画白銀の景色の中、新山彦橋をトロッコでわたる「冬の黒部峡谷プレミアムツアー」を開催

日本ベネックス、11月29日より『長崎電気軌道360形メタルクラフトモデル』を発売

「徹底したコスト削減」鉄道減便、コロナが拍車

23番線まである東京駅、なぜか存在しない「11〜13番線」…「鉄道の歴史」が大きく関係

林家たい平 ナレーター鉄道番組300回に「旅心くすぐられますよ」

鉄道技術展2021 – 近畿車輛、車載製品やVR用いた設計検証など紹介