JR東海は、今年8月の大雨により被災し、バスによる代行輸送を実施している飯田線伊那新町~辰野間について、現時点における運転再開見込みが2021年11月中旬になることを発表した。

飯田線から中央本線へ乗り入れて運転される普通列車。車両はJR東海の213系(2016年撮影)

飯田線は現在、豊橋~飯田~伊那新町間で列車の運転を行い、伊那新町~辰野間は被災により不通となっている。JR東海では早期の運転再開に向けた復旧作業に取り組んでおり、伊那新町~宮木~辰野間でバス代行輸送を実施している。

運転再開見込みは2021年11月中旬と発表されたが、天候の状況等により運転再開時期が変更となる場合がある。なお、運転再開日は決まり次第、発表するとしている。

#JR東海 #鉄道災害 #復旧 #電車


JR東海、飯田線伊那新町~辰野間の運転再開見込みは11月中旬と発表

関連記事

鉄道技術展2021 – JR西日本、GIS連携の電子線路平面図システムなど

【YouTube】新 鉄道ひとり旅〜山万ユーカリが丘線編ショート版〜

小田急電鉄「ミュージックロマンスカー」コーラスグループが歌唱

京成電鉄3600形の運転士席も! 電車モチーフのコワーキングスペース

鉄道技術展2021 – JR九州が単独ブース初出展、業務用アプリ等展示

鉄道技術展2021 – 日本信号「Traio 車上ユニット」DEC741形に搭載