JR東日本東京支社は12日、尾久車両センターにて親子向けのE26系「カシオペア」客車見学会を11月3日に初めて開催すると発表した。

「カシオペア」客車
「カシオペアスイート」
ホキ800形貨車

見学会では、1組につき社員1名がアテンドし、「カシオペア」客車に乗車して「カシオペアスイート」「カシオペアデラックス」など見学できるほか、現役車掌さながらの車内放送やドアの開閉体験、運転士の仕事と安全について学ぶ学習会、電車のパンタグラフ(訓練用)を使用した検査作業の見学、砕石(線路の敷石)を運搬するホキ800形貨車のホッパー(排出口)開放作業の見学といった内容が用意されている。

11月3日の10時から12時30分まで、14時から16時30分までの2回が開催され、各回先着20組(大人1名・小学生1名で1組)を募集。参加費は1組1万8,000円。申込みは「JRE MALL」東京支社にて、10月14日17時から受け付ける。

#客車 #JR東日本 #子鉄 #鉄道イベント #夜行列車 #寝台特急


JR東日本E26系「カシオペア」親子見学会、尾久車両センターで開催

関連記事

日本ベネックス、11月29日より『長崎電気軌道360形メタルクラフトモデル』を発売

「徹底したコスト削減」鉄道減便、コロナが拍車

23番線まである東京駅、なぜか存在しない「11〜13番線」…「鉄道の歴史」が大きく関係

林家たい平 ナレーター鉄道番組300回に「旅心くすぐられますよ」

鉄道技術展2021 – 近畿車輛、車載製品やVR用いた設計検証など紹介

レトロ気動車が続々集結 「気動車博物館」の様相の小湊鉄道&いすみ鉄道