JR東日本千葉支社は28日、いまでは貴重となった国鉄型車両185系を特別運行し、南房総を周遊する日帰りツアー「京葉線から始まる房総一周物語 ~185で行くBOSOGA(房総×蘇我)熱い!~」を11月3日に実施すると発表した。

185系で南房総を周遊する日帰りツアーを開催(JR東日本千葉支社提供)

「京葉線から始まる房総一周物語 ~185で行くBOSOGA(房総×蘇我)熱い!~」は、蘇我運輸区の現役乗務員が企画した「“鉄分”たっぷり」のツアー内容になるという。車内で抽選会イベントを開催し、当選者へ乗務員体験をプレゼントするほか、館山駅電留線での撮影会など、185系との思い出作りに最適なメニューとなっている。

オリジナル掛け紙の付いたスペシャル駅弁、185系をモチーフとしたオリジナルネックストラップの配布、館山駅から電留線までの回送列車乗車体験、列車から異常時用はしご(クイックラダー)による降車体験、勝浦駅にてホームに停車している185系の撮影タイムなども実施される。

オリジナルネックストラップのイメージ(JR東日本千葉支社提供)
館山駅電留線(JR東日本千葉支社提供)

出発日は11月3日で、集合・解散場所は東京駅。旅行代金は大人1万8,500円・こども9,800円。募集人員は150名で、「日本の旅、鉄道の旅」サイトにてインターネット限定の抽選販売が行われる。抽選受付は10月4日23時59分まで。当選結果は10月8日までにメールにて知らされる。

#JR東日本 #子鉄 #鉄道イベント #鉄道車両の引退 #電車


JR東日本185系、南房総を周遊する日帰りツアー11/3実施 – 撮影会も

関連記事

JR東海、飯田線伊那新町~辰野間の運転再開見込みは11月中旬と発表

JR東日本「新潟車両センター見学会」クモヤ143系も展示、11/6開催

JR北海道、釧路駅「周年記念イベント」キハ40形国鉄標準色など展示

「日本一高い地下鉄」さらに割高に? コロナで消えた観光需要、京都の市営交通が置かれた苦境

唯一現存する国鉄バス1号車、国の重要文化財に

6社8路線が集結する乗車人員日本第5位のマンモス駅 2022年に開業150周年を迎える横浜駅の歩みをたどる【コラム】