コロナ禍の影響もあるのだろうか。2021年に入って、鉄道会社が有料イベントを開催するケースが目立っている。

しかも決して安い価格ではなく、なかには日帰りのツアーで数万円するものもある。こうした傾向に拍車がかかれば、「鉄道趣味=気軽に楽しめる趣味」という構図が変わるかもしれない。

続々と登場する有料の鉄道イベント

有料の鉄道イベントを積極的に行っているのはJR東日本である。

JR東日本横浜支社は9月2日、「発見!車両センターの仕事をのぞいてみよう!in 鎌倉車両センター」・「相模線新旧車両撮影会 in 国府津車両センター」という2つのイベントを発表した。

前者は9月18日にJR東日本鎌倉車両センターを見学するもので、価格は1組1万3500円。定員は午前・午後の部で各15組(30人)である。

後者は相模線の新車E131系と現在運行している205系の撮影会であり、車内見学もできた。価格は1人8000円、定員は午前・午後の部で各15人だった。

また9月22日に発表されたJR東日本「大宮総合車両センター体験ツアー」では1組3万円、「185 系車両乗車・撮影ツアー」は2万5000円にもなり、参加費の高額化が鉄道ファンを驚かせた。

また前者は小学生の子どもがいる家族限定、後者は中学生以上とし、ターゲットを絞ったことも注目に値するだろう。

有料イベントを行っているのはJR東日本だけではない。京成では9月19日から20日にかけて「親子で電車運転シミュレータ体験プログラム」を実施した。

こちらは社員が使う運転電車シミュレータを体験できるものであり、京成系列のホテルに宿泊するプログラムである。販売価格は10万円(2人1組・1泊3食付)となり、募集人数は10組20人だった。

鉄道趣味のイメージは変わるのか?

鉄道会社からすると確実に収益を得られることはもちろん、参加者のターゲットを絞ることにより、無用なトラブルに対応する手間が省けるというメリットもあるのだろう。コロナ禍の影響もあって、1度の参加人数を絞るという意味合いもあるはずだ。

筆者も5000円以上する鉄道イベントに参加したことがある。担当者に聞くと、決して安い価格設定ではなかったものの、すぐに定員に達したという。全体的に落ち着いたイベントであり、駅構内や沿線で繰り広げられているトラブルとは無縁であった。

確かに、トラブルもなく落ち着いた雰囲気で鉄道趣味が楽しめることは、鉄道ファンにとっても悪くはない話だ。一方、鉄道イベントの高額化に伴い「鉄道趣味=気軽に楽しめる趣味」という構図が崩れるのでは、という心配も持つ。

コロナ禍により経済格差の拡大が話題となっているが、今後は親の所得により、鉄道の魅力に触れられる子どもと触れられない子どもに分かれるかもしれない。

筆者は小学生や中学生の時、小銭を握りしめて、鉄道会社が開催する無料のイベントに参加して鉄道の魅力に触れたものだ。せめて、子ども向けのイベントは無料もしくは割安なイベントは残してほしいというのが筆者の希望だ。

(フリーライター 新田浩之)

#コロナ禍 #影響 #JR東日本


鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

関連記事

JR東海、飯田線伊那新町~辰野間の運転再開見込みは11月中旬と発表

JR東日本「新潟車両センター見学会」クモヤ143系も展示、11/6開催

JR北海道、釧路駅「周年記念イベント」キハ40形国鉄標準色など展示

「日本一高い地下鉄」さらに割高に? コロナで消えた観光需要、京都の市営交通が置かれた苦境

唯一現存する国鉄バス1号車、国の重要文化財に

6社8路線が集結する乗車人員日本第5位のマンモス駅 2022年に開業150周年を迎える横浜駅の歩みをたどる【コラム】