コンカーとJR東日本は9月22日、JR東日本が提供するSuicaの利用履歴データとコンカーの経費精算・管理クラウド「Concur Expense」を連携したサービスの提供を開始すると発表した。
鉄道やバスをSuicaで利用すると、最短で乗車翌日にはSuicaの利用履歴データが「Concur Expense」に自動で連携される。これにより「Concur Expense」ユーザーが旅費精算を行う際、入力業務負荷の削減や、承認者や経理部門によるチェックの負担を軽減する。
また、タクシーなどを利用した際のSuica利用履歴データを「デジタル明細」として利用できるため、領収書やレシートの受領が不要になり、立替経費精算において紙を削減することにもつながる。
「Concur Expense」の導入企業数は約4万6000社。交通系ICカードや各種法人カード、QRコード決済アプリなどさまざまなサービスとのデータ連携で、経費入力業務を省力化する。電子帳簿保存法にも対応しており、経費精算業務におけるペーパーレス化を実現する。
データは業務利用とプライベート利用の履歴の区別はできないが、経費精算の際に自身で選別するという。なお、データ連携にあたっては、本人の同意が必要になるという。
今回発表した連携サービスは、2021年10月以降に新たに「Concur Expense」を利用する企業を対象に提供する。なお、すでに「Concur Expense」を導入している企業に対しては2022年に提供を開始する予定だ。

#Suica #JR東日本 #経費 #クラウド


コンカー、Suicaの利用履歴データを自動連携‐10月から提供開始

関連記事

高速列車「瀾滄号」がラオス首都に到着 動態チェックに投入

JR東海、飯田線伊那新町~辰野間の運転再開見込みは11月中旬と発表

JR東日本「新潟車両センター見学会」クモヤ143系も展示、11/6開催

JR北海道、釧路駅「周年記念イベント」キハ40形国鉄標準色など展示

「日本一高い地下鉄」さらに割高に? コロナで消えた観光需要、京都の市営交通が置かれた苦境

唯一現存する国鉄バス1号車、国の重要文化財に