JR西日本の「名探偵コナン列車」のうち、9月9日で運行を終了したピンク色車両(2両編成)が新たなデザインに生まれ変わり、9月18日から運行開始した。

9月18日に運行開始した新デザインの「名探偵コナン列車」
新デザインの「名探偵コナン列車」外観イメージ
内装(トイレ入口)イメージ

「名探偵コナン列車」は「まんが王国とっとり」の「建国」を記念し、2012年度に運行を開始。山陰本線を中心に、2015年度からコナンや怪盗キッドのイラストをあしらったピンク色車両、2019年度からコナンや怪盗キッドに加え、工藤新一や毛利蘭など描いた青赤車両を運行してきた。

元ピンク色車両は今回のリニューアルで、米子側を茶色、鳥取側をオレンジ色にベースの色を変更。米子側はコナン、工藤新一、毛利小五郎、安室透、服部平次など作品に登場する探偵たちが勢ぞろいした図柄に。鳥取側はコナンの同級生で構成される少年探偵団を元気いっぱいに描いた。内装(トイレ入口)もコナンや探偵風衣装の工藤新一のイラストを配したほか、トイレを表すピクトグラムを工藤新一と毛利蘭を模したイラストとした。新デザイン車両の登場を記念し、9月24日からツイッターキャンペーンを実施する予定となっている。

#JR西日本 #気動車


JR西日本「名探偵コナン列車」1編成が新デザインとなって運行開始

関連記事

JR東海、飯田線伊那新町~辰野間の運転再開見込みは11月中旬と発表

JR東日本「新潟車両センター見学会」クモヤ143系も展示、11/6開催

JR北海道、釧路駅「周年記念イベント」キハ40形国鉄標準色など展示

「日本一高い地下鉄」さらに割高に? コロナで消えた観光需要、京都の市営交通が置かれた苦境

唯一現存する国鉄バス1号車、国の重要文化財に

6社8路線が集結する乗車人員日本第5位のマンモス駅 2022年に開業150周年を迎える横浜駅の歩みをたどる【コラム】