日本旅行・大阪法人営業統括部と秩父鉄道は、「秩父鉄道6000系夜行快速『いでゆ』熊谷行と秩父温泉朝風呂の旅」を発売した。秩父鉄道の6000系を夜行列車として運行するツアーとなる。

秩父鉄道6000系夜行快速「いでゆ」イメージ

「いでゆ」はかつて山陰方面や伊豆方面の温泉地をめざし、運転されていた行楽列車。今回のツアーでは、秩父鉄道の急行型電車6000系を夜行快速列車「いでゆ」として設定し、かつての行楽列車をイメージして秩父鉄道全線で夜行運転を行う。所要時間は、秩父鉄道の夜行列車で過去最長となる10時間52分。行程中の三峰口駅では、ツアー参加者専用の撮影会も実施する。

翌朝の御花畑駅では、駅から徒歩5分の西武秩父駅前温泉「祭の湯」で入浴し、朝食を取る。その後、御花畑駅から再び「いでゆ」に乗車し、終点の熊谷駅へ向かう。

西武秩父駅前温泉「祭の湯」

出発日は10月30日と11月13日。旅行代金は、2席占有プランが大人1万8,500円・こども1万8,000円。向かい合わせの4席を1人で使用する1ボックス占有プランが大人3万4,800円・こども3万4,300円。日本旅行大阪法人営業統括部サイトまたは日本旅行大阪法人営業統括部「鉄道・バス企画デスク」専用のツアー予約サイトで申込みを受け付ける。

#秩父鉄道 #夜行列車 #寝台特急 #鉄道イベント #中小私鉄 #三セク #電車


日本旅行と秩父鉄道、夜行快速「いでゆ」10時間超の乗車ツアー開催

関連記事

JR東海、飯田線伊那新町~辰野間の運転再開見込みは11月中旬と発表

JR東日本「新潟車両センター見学会」クモヤ143系も展示、11/6開催

JR北海道、釧路駅「周年記念イベント」キハ40形国鉄標準色など展示

「日本一高い地下鉄」さらに割高に? コロナで消えた観光需要、京都の市営交通が置かれた苦境

唯一現存する国鉄バス1号車、国の重要文化財に

6社8路線が集結する乗車人員日本第5位のマンモス駅 2022年に開業150周年を迎える横浜駅の歩みをたどる【コラム】