JR北海道は17日、北海道新幹線札幌延伸にともない、鉄道・運輸機構から委託を受けて進めてきた函館本線倶知安駅における在来線施設の支障移転工事に関して、新ホームが完成し、10月31日から使用を開始すると発表した。

函館本線倶知安駅の駅舎
倶知安駅新ホームの完成平面図(JR北海道提供)

倶知安駅の新ホームは延長92m・幅4.5~5m。島式ホームだが1番のりばは行き止まり式で、小樽方面のみ列車の走行が可能。2番のりば小樽方面・長万部方面ともに列車の走行可能となっている。新ホームと駅舎の行き来に連絡通路(延長40m・幅3m)を使用する。

なお、工事にともない10月31日に一部列車が運休し、バスによる代行輸送が行われる。同日の蘭越駅6時16分発、快速「ニセコライナー」は部分運休となり、倶知安~札幌間で運転される。

#JR北海道 #駅 #新幹線 #新線 #鉄道路線の廃止


JR北海道、北海道新幹線延伸に伴う倶知安駅新ホーム10/31使用開始

関連記事

高速列車「瀾滄号」がラオス首都に到着 動態チェックに投入

JR東海、飯田線伊那新町~辰野間の運転再開見込みは11月中旬と発表

JR東日本「新潟車両センター見学会」クモヤ143系も展示、11/6開催

JR北海道、釧路駅「周年記念イベント」キハ40形国鉄標準色など展示

「日本一高い地下鉄」さらに割高に? コロナで消えた観光需要、京都の市営交通が置かれた苦境

唯一現存する国鉄バス1号車、国の重要文化財に