JR東海は17日、ビジネスパーソン向け「S Work 車両」や、N700Sの7・8号車に順次導入される新しい無料Wi-Fiサービス「S Wi-Fi for Biz」に関するサービス内容を発表した。

10月1日から試行開始する「S Work 車両」は、モバイル端末など気兼ねなく使用して仕事を進めたい乗客向けに、「のぞみ」の7号車を「S Work 車両」として設定。「S Work 車両」では、周囲の乗客に配慮すればウェブミーティングや携帯電話の通話を座席でも行える。

N700S専用サービスとして、東海道新幹線のサービス提供区間(新横浜~京都間)に限り、N700Sの「S Work 車両」の車内で利用できるビジネスサポートツールの無料貸出しも実施。2021年10月時点で、「膝上クッション」「簡易衝立」「小型マウス」「ノートPC用ACアダプタ(TypeC)」「USB充電器」が提供されるという。

膝上クッション
簡易衝立
「S Wi-Fi for Biz」の利用開始画面、認証画面、接続完了(ポータルサイト)のイメージ

「S Wi-Fi for Biz」(Shinkansen Free Wi-Fi for Business)は、N700Sの7号車(普通車)と8号車(グリーン車)で利用できる新しい無料Wi-Fiサービスで、10月以降に順次導入される。従来の「Shinkansen Free Wi-Fi」の約2倍の通信容量を備え、利用時間の制限もなし。ビジネスでの利用を考慮し、セキュリティレベルの高い暗号化方式を設定する。なお、従来の「Shinkansen Free Wi-Fi」サービスも引き続き利用できる。

#新幹線 #JR東海 #電車


JR東海、東海道新幹線「S Work 車両」試行 – N700S専用サービスも

関連記事

JR東海、飯田線伊那新町~辰野間の運転再開見込みは11月中旬と発表

JR東日本「新潟車両センター見学会」クモヤ143系も展示、11/6開催

JR北海道、釧路駅「周年記念イベント」キハ40形国鉄標準色など展示

「日本一高い地下鉄」さらに割高に? コロナで消えた観光需要、京都の市営交通が置かれた苦境

唯一現存する国鉄バス1号車、国の重要文化財に

6社8路線が集結する乗車人員日本第5位のマンモス駅 2022年に開業150周年を迎える横浜駅の歩みをたどる【コラム】