JR東日本盛岡支社は17日、引退直前の485系「ジパング」を間近に見学・体験できる「485系ジパング ファン感謝デー」を10月5日にJR東日本盛岡車両センターで開催すると発表した。

485系「ジパング」

485系「ジパング」は、10月10日の団体臨時列車「ありがとうジパング」でラストランを迎える。「485系ジパング ファン感謝デー」は、10月5日に午前の部(9時30分から11時40分まで)・午後の部(13時30分から15時40分まで)の2回開催。電車起動時の様子(バッテリー投入、車側灯点灯、補助空気圧縮起動、パンタグラフ上昇などの様子)や「ジパング」の車内を見学できるほか、ドア開閉体験(1号車でドア開閉装置の体験を実施)、運転席体験(汽笛・ワイパー・前照灯操作)、車内放送体験(実際の放送装置を使った車内放送体験)、車外からの写真撮影(通常は撮影できない距離と角度からの写真撮影会)も予定している。

定員は午前の部・午後の部それぞれ12名(中学生以上限定)。「JRE MALL」盛岡支社ページにて、9月21日から申込みを受け付ける。参加費は9,000円。

「ジパング」運転席イメージ
「ジパング」での車内放送イメージ
車外からの写真撮影イメージ

485系「ジパング」のラストランを記念したオリジナル商品の発売も発表された。オリジナル掛け紙駅弁「ラストラン記念 ありがとうジパング弁当」(1,000円)を10月9・10日に一ノ関駅の駅構内特設販売所で限定販売。オリジナルラベルビール「THANK YOU ZIPANGU 485 GOLDEN ALE」(660円)を10月9日に一ノ関駅の駅構内特設販売所と「JRE MALL」の「TRAINIARTJREMALL店」で発売する。その他、サポプレート(2,200円)、ボールペン(440円)、キーホルダー(660円)といったオリジナルグッズも用意。10月9日から「NewDays 盛岡北口23号」と盛岡駅「滝の広場特設販売所」、10月10日から「NewDays 一ノ関西口店」で販売される。

#JR東日本 #観光列車 #子鉄 #鉄道車両の引退 #電車 #鉄道グッズ


JR東日本「485系ジパング ファン感謝デー」盛岡車両センターで開催

関連記事

JR東海、飯田線伊那新町~辰野間の運転再開見込みは11月中旬と発表

JR東日本「新潟車両センター見学会」クモヤ143系も展示、11/6開催

JR北海道、釧路駅「周年記念イベント」キハ40形国鉄標準色など展示

「日本一高い地下鉄」さらに割高に? コロナで消えた観光需要、京都の市営交通が置かれた苦境

唯一現存する国鉄バス1号車、国の重要文化財に

6社8路線が集結する乗車人員日本第5位のマンモス駅 2022年に開業150周年を迎える横浜駅の歩みをたどる【コラム】