JR東日本盛岡支社は17日、定期運行を10月1日に終了する2階建て新幹線E4系「Max」を最後に見学できる機会として、「E4系2階建て新幹線Maxの車内見学会」を10月9日に盛岡駅新幹線ホームで開催すると発表した。

2階建て新幹線E4系「Max」。10月9日に盛岡駅で「E4系2階建て新幹線Maxの車内見学会」が開催される

E4系「Max」は1997年、東北新幹線で「Maxやまびこ」として営業運転を開始。2005年に仙台駅以北での定期運行を終了するまで、盛岡支社管内でも多くの利用者に親しまれてきたという。

10月9日の「E4系2階建て新幹線Maxの車内見学会」は、新潟駅から盛岡駅まで運行されるE4系「Max」の団体専用列車を使用し、清掃・消毒を行った上で14時10~30分に開催(受付開始は13時から)。7号車・6号車・5号車の順路で車内を見学できる。写真撮影やSNSの投稿は可能だが、「個人が特定される写真・動画は個人情報保護の観点より、SNSへの投稿はお控えください」とのこと。

E4系「Max」グリーン車の車内
E4系「Max」普通車の車内

申込みは「JRE MALL」盛岡支社ページにて、9月21日10時から受け付ける。参加費用は1,980円(盛岡駅の入場券が別途必要)。募集人数は先着20名。大人1名に対して小学生以下のこども1名まで一緒に参加できる。

#新幹線 #JR東日本 #子鉄 #鉄道イベント #鉄道車両の引退 #電車


JR東日本E4系「Max」盛岡駅新幹線ホームで車内見学会 – 10/9開催

関連記事

JR東海、飯田線伊那新町~辰野間の運転再開見込みは11月中旬と発表

JR東日本「新潟車両センター見学会」クモヤ143系も展示、11/6開催

JR北海道、釧路駅「周年記念イベント」キハ40形国鉄標準色など展示

「日本一高い地下鉄」さらに割高に? コロナで消えた観光需要、京都の市営交通が置かれた苦境

唯一現存する国鉄バス1号車、国の重要文化財に

6社8路線が集結する乗車人員日本第5位のマンモス駅 2022年に開業150周年を迎える横浜駅の歩みをたどる【コラム】