養老鉄道では、西大垣駅が大垣市景観遺産に指定されたことを記念した「西大垣駅・大垣市景観遺産指定記念フリーきっぷ」を2021年10月1日(金)から、元プロバット職人である久保田五十一氏とのコラボ企画第5弾「ようてつツボ押し棒」を2021年10月2日(土)から発売します。

「西大垣駅・大垣市景観遺産指定記念フリーきっぷ」の発売について
西大垣駅が、今年1月15日に大垣市景観遺産に指定されたことを記念し、当社社員による西大垣駅のスケッチを印刷した0号サイズのキャンバスを、フリーきっぷにしました。お部屋などに飾っていただけるよう、木製のイーゼルもセットになっています。他社にはない、本物のキャンバスの乗車券を、この機会にぜひお買い求めください。
1.発売期間 2021年10月1日(金)〜2021年12月31日(金)
2.使用期間 2021年10月1日(金)〜2022年12月30日(金)
※使用期間中のご乗車日1日限り有効
3.発売箇所 桑名(養老鉄道)、下深谷、多度、駒野、養老、
西大垣、大垣、揖斐の各駅窓口、
イベント会場ならびに当社公式通信販売サイト
(「西美濃ショッピング」内)
〔当社ホームページのトップページ→「特設 通信販売はこちら」
からアクセス!〕
4.発売額 大人 1,500円(税込)
※小児の発売はありません。
5.内容 ・フリーきっぷ キャンバス
(0号サイズ・約140mm×約180mm)に印刷
・木製イーゼル
・専用紙箱入り
6.発売数 300セット
7.その他
(1)当社公式通信販売サイトからご購入の場合は、送料が別途必要となります。
(2)フリーきっぷご利用の際は、必ずキャンバスをお持ちください。

(商品イメージ)
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/276619/img_276619_2.jpg
【フリーきっぷデザイン】

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/276619/img_276619_1.jpg
【イーゼルにセット】

「ようてつツボ押し棒」の発売について
現代の名工で元プロバット職人である久保田五十一氏とのコラボシリーズ第5弾として、今回は、バットのグリップ部をモチーフにした「ツボ押し棒」を発売します。
1.発売日 2021年10月2日(土)から
2.発売箇所 多度、養老、西大垣、大垣、揖斐の各駅窓口、
イベント会場ならびに当社公式通信販売サイト
のみ(「西美濃ショッピング」内)
〔当社ホームページのトップページ→「特設 通信販売はこちら」からアクセス!〕
3.発売額 各サイズとも 1本 1,500円(税込)
4.内容 ツボ押し棒 1本
・材質:木製(メープルまたはホワイトアッシュ)
・サイズ:【Lサイズ】長さ約17cm、
【Sサイズ】長さ約15cm
・久保田五十一氏の直筆サイン、養老鉄道ロゴマークの焼印入り
・バットのグリップをイメージした形状です
5.その他
(1)購入時に材質(メープル・ホワイトアッシュ)を選ぶことはできません。
(2)1本ずつ手作りのため、商品によりサイズに多少のバラつきがあります。ご希望は承れませんので、ご了承ください。
(3)当社公式通信販売サイトからご購入の場合は、送料が別途必要となります。

(商品イメージ)

【全体】
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/276619/img_276619_3.jpg
上:Lサイズ
下:Sサイズ

【グリップ部】
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/276619/img_276619_4.jpg
左:Lサイズ
右:Sサイズ

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

#景観 #遺産 #発売 #ツボ


【養老鉄道】「西大垣駅・大垣市景観遺産指定記念フリーきっぷ」「ようてつツボ押し棒」を発売します!

関連記事

JR東海、飯田線伊那新町~辰野間の運転再開見込みは11月中旬と発表

JR東日本「新潟車両センター見学会」クモヤ143系も展示、11/6開催

JR北海道、釧路駅「周年記念イベント」キハ40形国鉄標準色など展示

「日本一高い地下鉄」さらに割高に? コロナで消えた観光需要、京都の市営交通が置かれた苦境

唯一現存する国鉄バス1号車、国の重要文化財に

6社8路線が集結する乗車人員日本第5位のマンモス駅 2022年に開業150周年を迎える横浜駅の歩みをたどる【コラム】