簡単な設置工事で高濃度イオン空間を創出し、快適な空気環境を実現

[画像: https://prtimes.jp/i/12900/740/resize/d12900-740-3966f47bc0b5c2881531-1.jpg”>

シャープ株式会社(本社:大阪府堺市、代表取締役社長:野村勝明、以下 シャープ)と川崎重工業株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長執行役員:橋本康彦、以下 川崎重工)、川重車両テクノ株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:永田一行、以下 川重車両テクノ)は、既存の鉄道車両へ簡単に設置でき、高濃度イオン空間を形成するプラズマクラスターイオン発生機を共同で開発しました。

3社はこれまでも、共同で鉄道車両向け空気浄化システムを開発し、川崎重工が製造する鉄道車両に搭載してきました。昨今の衛生意識の高まりから、清潔な移動空間が一層強く求められるようになり、公共交通機関事業者からも簡単な設置工事で空気浄化が可能となる機器の需要が高まっています。

今回、共同開発した鉄道車両用プラズマクラスターイオン発生機は、標準的な全長20mの車両に6台以上搭載することで、空気浄化に有効な「プラズマクラスター7000」のイオン空間を実現。12台搭載すれば、より高濃度のイオン空間「プラズマクラスター25000」を創出できます。吊り手の上部に設置できるため、大掛かりな設置工事が不要で、既存車両にもスムーズに導入することが可能です。

なお、本製品は国内の鉄道事業者よりすでに受注しており、実車両への搭載に向けて最終調整を行っているところです。3社は、今後も快適な車内空間の実現に向けて協力してまいります。

■ 各社の役割
シャープ:プラズマクラスターイオン発生デバイスの提供、イオン濃度最適化検討
川崎重工:鉄道事業者への営業/販売
川重車両テクノ:鉄道車両用プラズマクラスターイオン発生機の設計/開発、鉄道車両への設置工事

※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、 あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
https://corporate.jp.sharp/news/210916-a.html
【画像ダウンロードサービス】
https://corporate.jp.sharp/press/p210916-a.html

#車両 #シャープ #川崎 #イオン


鉄道車両用プラズマクラスターイオン発生機をシャープ、川崎重工、川重車両テクノが共同開発

関連記事

JR東海、飯田線伊那新町~辰野間の運転再開見込みは11月中旬と発表

JR東日本「新潟車両センター見学会」クモヤ143系も展示、11/6開催

JR北海道、釧路駅「周年記念イベント」キハ40形国鉄標準色など展示

「日本一高い地下鉄」さらに割高に? コロナで消えた観光需要、京都の市営交通が置かれた苦境

唯一現存する国鉄バス1号車、国の重要文化財に

6社8路線が集結する乗車人員日本第5位のマンモス駅 2022年に開業150周年を迎える横浜駅の歩みをたどる【コラム】