シャープと川崎重工業、川重車両テクノの3社は9月16日、既存の鉄道車両へ設置でき、高濃度イオン空間を形成するプラズマクラスターイオン発生機を共同で開発したと発表した。
この鉄道車両用プラズマクラスターイオン発生機は、標準的な全長20mの車両に6台以上搭載することで、空気浄化に有効な「プラズマクラスター7000」のイオン空間を実現するという。12台搭載すれば、より高濃度のイオン空間「プラズマクラスター25000」を創出する。
また車両の吊り手の上部に設置できるため、大掛かりな設置工事が不要で、既存車両にも導入することが可能。
川崎重工が鉄道事業者への営業・販売を行い、川重車両テクノは同製品の設計・開発、鉄道車両への設置工事を担う。国内の鉄道事業者よりすでに受注しているといい、実車両への搭載に向けて最終調整を行っているとのことだ。

#車両 #プラズマクラスター #シャープ #開発


シャープ、鉄道車両用プラズマクラスター開発 ‐ 実車両搭載に向け調整

関連記事

JR東海、飯田線伊那新町~辰野間の運転再開見込みは11月中旬と発表

JR東日本「新潟車両センター見学会」クモヤ143系も展示、11/6開催

JR北海道、釧路駅「周年記念イベント」キハ40形国鉄標準色など展示

「日本一高い地下鉄」さらに割高に? コロナで消えた観光需要、京都の市営交通が置かれた苦境

唯一現存する国鉄バス1号車、国の重要文化財に

6社8路線が集結する乗車人員日本第5位のマンモス駅 2022年に開業150周年を迎える横浜駅の歩みをたどる【コラム】