JR貨物と中央共同募金会は15日、新潟貨物ターミナル駅(新潟県新潟市)から隅田川駅(東京都荒川区)までの区間で、赤い羽根共同募金ラッピングを施した機関車を9月27日から10月29日まで運転すると発表した。

直流電気機関車EH200形
車体正面ラッピングイメージ
車体側面ラッピングイメージ

赤い羽根共同募金ラッピングを施した列車を走行させることで、JR貨物のC&C活動(Challenge&Change活動。JR貨物グループにおいて、全社員がさまざまなアイデアを実現することに挑戦する活動)の周知に協力し、社会貢献に資するものにしたいという社員からの提案を受け、JR貨物と共同募金会が合同で検討を進め、実現に至ったという。

直流電気機関車EH200形1両を使用し、2021年度の共同募金運動ポスターのコピー「あなたと私は赤い羽根でつながっている。」を生かしたラッピングを施す。「じぶんの町を良くするしくみ。」である赤い羽根共同募金が、ラッピング機関車でつながり合うイメージを表現している。

#JR貨物 #機関車


JR貨物EH200形1両に赤い羽根共同募金ラッピング施し運行、9/27から

関連記事

世界の鉄道車両市場は、2021年から2027年までの予測期間中、年平均成長率3.1%で成長すると予測されている

創元社「鉄道手帳」が史上最大リニューアル、ユーザー限定 鉄道手帳WEB アクセス権つき

コンカー、Suicaの利用履歴データを自動連携‐10月から提供開始

JR西日本「名探偵コナン列車」1編成が新デザインとなって運行開始

近鉄「青の交響曲」5周年企画第2弾、沿線の社寺・店舗と魅力を発信

京成「親子で電車運転シミュレータ体験プログラム」座学に実技も