JR東日本八王子支社は、「東京アドベンチャーライン」(青梅線青梅~奥多摩間)を中心とした青梅線・五日市線エリアの魅力をPRする、秋の「青梅線・五日市線」観光キャンペーンを10・11月に開催する。秋の外出に便利な臨時列車も運行する。

臨時列車「おうめ93・94号(新宿・青梅奥多摩号)」に使用されるE257系

キャンペーン期間中、青梅線で運行中の「東京アドベンチャーライン」ラッピング列車(E233系4両編成)を中央線や五日市線など他線区で運行するほか、青梅市・あきる野市とタイアップした秋のイメージポスターを首都圏等のJR東日本のおもな駅に9月下旬から11月末まで掲出する。

秋の行楽シーズンに合わせ、全車指定席の直通列車も運行。10月9・10・30・31日に川崎~奥多摩間で「お座敷 青梅奥多摩号」(485系「華」6両編成、全車グリーン車指定席)、10月16日に三鷹~奥多摩間で「アドベンチャーライン」(485系「リゾートやまどり」6両編成、全車指定席)、10月23日に初の新宿発奥多摩行のE257系特急「おうめ93・94号(新宿・青梅奥多摩号)」(E257系5両編成、全車指定席)をそれぞれ1日1往復設定した。

「東京アドベンチャーライン」ラッピング列車の外観
「東京アドベンチャーライン」ラッピング列車の車内

10月16日には、「東京アドベンチャーライン」3周年記念イベントを三鷹駅、青梅駅、御嶽駅、奥多摩駅と「アドベンチャーライン」車内で開催。10月30日10~15時に三鷹駅改札外にて、「青梅線・五日市線」観光キャラバンを実施する。秋の青梅線を楽しむウォーキングイベント「駅からハイキング」を開催し、公式SNS「東京アドベンチャーライン青梅線」で沿線の魅力を発信する。

#JR東日本 #電車 #特急列車


JR東日本が秋の「青梅線・五日市線」観光キャンペーン、臨時列車も

関連記事

『タモリ倶楽部』鉄道ファンも知らない? 「超ニッチな鉄オタ」紹介

乗り鉄の過酷すぎる猛暑の大冒険!?「全駅下車旅」の極意

1928年製「モ161形車」お披露目、CF活用して大規模修繕

コレクションケースにおさまるミニチュア世界 生活感あふれる住宅地ジオラマ

横浜市の新交通「上瀬谷ライン」成功の鍵は – 新市長は「再検討」

2階建て新幹線「E4系 Max」がついに引退、その歴史と果たした役割とは