山万とパナソニックのコネクティッドソリューションズ社、ジョルダンの3社は、山万ユーカリが丘線とコミュニティバスの複数の交通サービスを非接触でシームレスに利用するための顔認証乗車実証実験を9月15日から実施する。

改札に設置する顔認証ポールで本人確認を行う
バス車内にも顔認証端末を設置する

実証実験は、ユーカリが丘コミュニティバスの5路線と山万ユーカリが丘線の全6駅を対象に実施。パナソニックが開発した顔認証ポールを各駅の改札に設置して通行者の本人確認を行い、ジョルダンの決済・チケット管理システムでチケット情報確認を即時に実施。通行を管理する。非接触・非対面での本人確認とチケット確認、乗車管理を一貫して行うことで、利用者の「顔」だけでシームレスな乗車を実現するという。約100人がモニターとして参加する

すでにバスにおいて顔認証乗車の実証実験を始めており、今回新たに鉄道でのサービスを追加することで、複数の交通機関にまたがる形で利用者のニーズに対応した効率的で良好な交通環境の提供をめざす。実験期間は2022年1月31日までを予定している。

#新交通システム #電車


パナソニックなど3社、山万ユーカリが丘線「顔認証乗車」実証実験

関連記事

【南海電気鉄道グループ×大倉グループ】海外IT・技術系人材紹介事業『 Japal (ジャパール) 』新サービス(第3期)開始!

鉄道テレマティクスの市場規模、2026年に73億米ドル到達予測

JR東日本、貴重な車両の体験・見学ツアー – 蒸気機関車や185系など

JR東海、東海道新幹線全線にミリ波方式列車無線 – 2027年運用開始

日本旅行と秩父鉄道、夜行快速「いでゆ」10時間超の乗車ツアー開催

【youtube】改札鋏やダッチングマシンも体験させて頂きました!岳南電車の吉原駅で撮り鉄!