JR東日本東京支社は14日、品川駅での京浜東北線(大宮方面)と山手線外回り(渋谷・新宿方面)の乗換えに関して、12月5日始発から同一ホームで乗換え可能になると発表した。

山手線・京浜東北線のホーム改良図

現在、品川駅において京浜東北線(大宮方面)から山手線外回り(渋谷・新宿方面)へは階段やコンコースを経由しての乗換えとなっているが、山手線外回り(渋谷・新宿方面)ホームを2番線から3番線へ変更することにより、同一ホームで乗り換えられるようになる。

あわせて3・4番線ホームを9mから13mへ拡張し、3番線にホームドアを設置する。1番線ホームは山手線内回り(東京・上野方面)の専用ホームとなり、混雑緩和を図るとのこと。12月5日の始発から供用開始する予定だが、悪天候等により実施できない場合は12月12日に延期される。

#駅 #JR東日本 #電車


JR東日本、品川駅で京浜東北線・山手線の乗換え便利に – 12/5から

関連記事

『タモリ倶楽部』鉄道ファンも知らない? 「超ニッチな鉄オタ」紹介

乗り鉄の過酷すぎる猛暑の大冒険!?「全駅下車旅」の極意

1928年製「モ161形車」お披露目、CF活用して大規模修繕

コレクションケースにおさまるミニチュア世界 生活感あふれる住宅地ジオラマ

横浜市の新交通「上瀬谷ライン」成功の鍵は – 新市長は「再検討」

2階建て新幹線「E4系 Max」がついに引退、その歴史と果たした役割とは