日立ビルシステムは、日立製作所の在フィリピン共和国 昇降機販売・サービス子会社 Hitachi Elevator Philippines Corporation(日立エレベーターフィリピン社)を通じ、North-South Commuter Railway(南北通勤鉄道)のフェーズ1プロジェクト向けの昇降機67台を受注した。

今回の受注は、フィリピンにおける日立グループとして初めての鉄道システム向け案件で、フィリピンでの日立グループの昇降機の受注としては過去最大級に。

フィリピン南北通勤鉄道のフェーズ1プロジェクトは、ブラカン州マロロス市からマニラ市ツツバンまでの38kmを結ぶ鉄道路線。1日に20万人以上の通勤客の利用が見込まれている。

フィリピン政府が全面的に主導する案件で、首都マニラと近接する地域の既存の公共交通を拡張し、交通渋滞の緩和をめざす。

コロナ禍の需要落ち込みを克服めざす

今回のプロジェクトは契約者の異なる2つの契約パッケージ(Contract Packages、以下「CP01」「CP02」で表記)で構成。日立エレベーターフィリピン社は、大成建設・DMCI JVが担当するCP01にエレベーター13台、エスカレーター26台、三井住友建設が担当するCP02にエレベーター8台、エスカレーター20台を入れる。2023年5月までに納入する。

フィリピンの昇降機市場規模は、2019年から2025年にかけて年率5.5%の成長を見込むなか、新型コロナウイルスの感染拡大で、世界的に建設プロジェクトが停滞し、フィリピンでは年間3,700台程度だった昇降機需要が2,300台程度に落ち込んでいる。

また、ニューノーマルに向けてこの状況を克服し、今後数年で都市化の進展、急速な建設の拡大により、昇降機業界は大きく拡大するとも予想されている。

画像:日立製作所・日立ビルシステム
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/

#日立 #フィリピン #通勤 #システム


日立グループ鉄道系設備がフィリピン初進出、南北通勤鉄道に昇降機67台投入

関連記事

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス