JR西日本が所有する鉄道車両の部品が、2021年9月11日までに紛失していたことが分かった。

盗難の可能性もあり、鉄道愛好家からは怒りの声が多数上がっている。

「欲しいのはすごく分かりますが…」

無くなったのは、JR奈良線を走る103系NS409編成に設置された行先表示器(方向幕)2台だ。103系は国鉄時代に製造された貴重な車両で、愛好家の間で人気がある。

JR西日本近畿統括本部の広報は13日、J-CASTニュースの取材に「9月11日夜に外部の方から連絡があり発覚しました」と話す。警察に被害届を提出し、「これから(現場)検証もされます」という。

SNSでは目撃談が広まり、ファンらか事態解決を望む声が相次いでいる。

40代の男性は取材に「私は103系好きでこの様な事になって非常に残念です」と肩を落とす。10代の男性は「鉄道ファンとして、もちろん全国的に珍しいこの電車の車両部品が欲しいのはすごく分かりますが、壊して盗んでまで欲しいとは思わないので正直ありえないですね」と憤る。

車両部品の紛失をめぐっては、大井川鉄道(静岡県島田市)が今年2月、12系客車から車掌スイッチ、方向幕などの盗難被害が相次いでいるとして、「盗難・損壊被害品は列車の安全運転に欠かせないもので、(かつて運行した)『SLやまぐち号』として活躍していた当時の様子を残す貴重な部品であり、12系の営業運転を楽しみにお待ちいただいている皆様の期待を裏切る行為です。また、鉄道施設内への無断立ち入りは大変危険です」と訴えていた。

#車両 #盗難 #被害届 #JR西日本


「103系」車両部品が消えた…盗難か 「正直ありえない」鉄道ファン激怒、JR西は被害届

関連記事

【南海電気鉄道グループ×大倉グループ】海外IT・技術系人材紹介事業『 Japal (ジャパール) 』新サービス(第3期)開始!

鉄道テレマティクスの市場規模、2026年に73億米ドル到達予測

JR東日本、貴重な車両の体験・見学ツアー – 蒸気機関車や185系など

JR東海、東海道新幹線全線にミリ波方式列車無線 – 2027年運用開始

日本旅行と秩父鉄道、夜行快速「いでゆ」10時間超の乗車ツアー開催

【youtube】改札鋏やダッチングマシンも体験させて頂きました!岳南電車の吉原駅で撮り鉄!