岩波映画「ディーゼル特急」、十字屋文化映画部「東宝文化映画シリーズ 活魚列車」、長野営林局「木曽王滝森林鉄道 —ひのきの里を去る林鉄—」———どれも珠玉の作品ばかり。

東京国際フォーラム・国立映画アーカイブ「月曜シネサロン&トーク」は、10月〜2021年3月の上映会内容を公表。

2021年度は「続・鉄道の時代 ——人々をつなぐ鉄道——」と題し、時代経過と、人々の生活を支える鉄道の活躍を紹介する作品を上映する。

その第1回は「暮らしを守る/輸送の力」をテーマに次のような作品を上映。時代を支える鉄道の貴重な映像を視聴できる。

上映は、リアル会場と無料オンライン(ストリーミング)で実施。リアル会場は、感染症対策として、定員を通常の半分にした配席での実施とする。スケジュールは次のとおり。

【第1回】2021年10月11日(月)暮らしを守る/輸送の力

・「東宝文化映画シリーズ 活魚列車」(1940年/十字屋文化映画部/13分)
・「ディーゼル特急」(1960年/岩波映画/21分)
・「木曽王滝森林鉄道 —ひのきの里を去る林鉄—」(1976年/長野営林局/47分)

【第2回】2021年11月29日(月)戦前の鉄道力

【第3回】2022年1月31日(月)地域をつなぐ

【第4回】2022年3月14日(月)鉄道王国 北海道

リアル会場は東京国際フォーラム ホールB5で15:00(開場14:00)に開演。入場料は500円(税込)。申し込み詳細は、月曜シネサロン&トーク 公式ウェブサイトへ。

無料オンライン配信視聴希望者は、月曜シネサロン&トーク 公式ウェブサイトの応募フォームより申し込むと、メールアドレスに視聴用URLをが送付される。

第1回配信期間は10月16日〜11月14日。

画像:東京国際フォーラム
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/

#無料 #オンライン #時代 #ディーゼル


往年のキハ80系 特急はつかりの貴重映像も! 「月曜シネサロン&トーク」上映会開催、無料オンライン視聴もOK

関連記事

【南海電気鉄道グループ×大倉グループ】海外IT・技術系人材紹介事業『 Japal (ジャパール) 』新サービス(第3期)開始!

鉄道テレマティクスの市場規模、2026年に73億米ドル到達予測

JR東日本、貴重な車両の体験・見学ツアー – 蒸気機関車や185系など

JR東海、東海道新幹線全線にミリ波方式列車無線 – 2027年運用開始

日本旅行と秩父鉄道、夜行快速「いでゆ」10時間超の乗車ツアー開催

【youtube】改札鋏やダッチングマシンも体験させて頂きました!岳南電車の吉原駅で撮り鉄!