JR東日本千葉支社は13日、「鉄道の安全・安心」「地域の魅力」発信の一環として、10月2・3日に両国駅の西口駅前広場と3番線ホームで「ちばトレインフェスティバル」を開催すると発表した。

185系(JR東日本千葉支社提供)
E257系5500番台(JR東日本千葉支社提供)

「ちばトレインフェスティバル」では、会場を4つのエリア(広小路ステージエリア、物販エリア1、物販エリア2、3番線ホームエリア)に分け、さまざまなイベントを実施。明知鉄道、いすみ鉄道、大井川鐵道、くま川鉄道、京成電鉄、三陸鉄道、しなの鉄道、湘南モノレール、樽見鉄道、千葉都市モノレール、東武鉄道、流鉄、北越急行、養老鉄道、ジェイアールバス関東も参加を予定している。入場料は無料。10月2・3日ともに開催時間は10~16時となっている。

3番線ホームエリアでは、10月2日にE257系5500番台(5両編成)、10月3日に185系(6両編成)を展示。列車の外観を自由に見学でき(車内への立入りは不可)、写真撮影も可能となっている。有料イベントとして、3番線ホームに停車する列車の車内に入って30分間自由に見学し、乗務員室に入って5分間の乗務員体験を行える「車内見学・乗務員体験」も予定している。3番線ホームエリアへ入場する際、入場券をはじめ駅構内に入るための有効な乗車券類が必要となる。

保守基地エリアでは、線路工事の機材の運搬に使用される軌道モーターカー、線路の点検や警備に使用される線路点検車、線路工事に使用される線路と陸上を走ることができる軌陸車の写真撮影を30分間行える有料イベント「工事用車両撮影会」を実施。なお、有料イベントは「JRE MALL」千葉支社店の商品ページにて、9月27日12時から9月29日23時59分まで予約を受け付け、売り切れ次第、発売終了となる。

広小路ステージエリアでは、特設ステージにて鉄道好き有名人として知られる吉川正洋さん(ダーリンハニー)、岡安章介さん(ななめ45°)、ホリプロマネージャーの南田裕介氏をはじめ、鉄道写真家の中井精也氏、鉄道番組ディレクターの田中匡史氏らを招き、参加団体とともに鉄道の安全・安心のPRや地域の魅力発信、鉄道廃品オークションなどを実施する。

物販エリア1では、鉄道会社によるオリジナルグッズや千葉県内の事業者などによる房総の物産品の販売を行うほか、ジェイアールバス関東が「B.B.BASEバス」を展示。物販エリア2では、JR社員によるここでしか手に入らない貴重な鉄道グッズの販売や沿線情報の発信、鉄道クイズなどを行う。

#鉄道イベント #鉄道車両の引退 #JR東日本 #電車 #特急列車


JR東日本「ちばトレインフェスティバル」185系&E257系が両国駅に

関連記事

いすみ鉄道で写真撮影のロケハン・マナー講座開催へ

検査不正の工場、認証取り消し=製造・販売は継続—三菱電機

【youtube】「鉄道の日(10月14日)」に合わせたお得なきっぷ!全国JR線乗り放題!JRグループ「秋の乗り放題パス」

JR北海道、北海道新幹線延伸に伴う倶知安駅新ホーム10/31使用開始

JR東海、東海道新幹線「S Work 車両」試行 – N700S専用サービスも

JR東日本「485系ジパング ファン感謝デー」盛岡車両センターで開催