パナソニック コネクティッドソリューションズ社は9月15日、ユーカリが丘ニュータウン(千葉県佐倉市)において、鉄道・バスを顔認証で乗車するシステムの実証実験を開始すると発表した。
実証実験では、非接触・非対面での本人確認とチケット確認、乗車管理を行い、シームレスな乗車を利用者の「顔」で実現する。同社はすでに2021年5月10日より、バスでの顔認証乗車によるシステムの実証実験を開始しており、今回新たに鉄道でのサービスを追加した。
鉄道駅には、フラッパーレスでポール型の新デザインを採用した顔認証ポールを各駅の改札に設置し、通行者の本人確認を行い、決済・チケット管理システムでチケット情報確認を実施し通行を管理する。
同実証実験は、2022年1月31日まで行う予定でモニター数は約100名を想定している。利用者の利便性、実用性、街のサービスとしてのあり方の検討と構築の実証を進める方針だ。

#実証実験 #顔認証 #バス #パナソニック


鉄道・バスを顔認証で乗車 ‐ パナソニックが実証実験

関連記事

『タモリ倶楽部』鉄道ファンも知らない? 「超ニッチな鉄オタ」紹介

乗り鉄の過酷すぎる猛暑の大冒険!?「全駅下車旅」の極意

1928年製「モ161形車」お披露目、CF活用して大規模修繕

コレクションケースにおさまるミニチュア世界 生活感あふれる住宅地ジオラマ

横浜市の新交通「上瀬谷ライン」成功の鍵は – 新市長は「再検討」

2階建て新幹線「E4系 Max」がついに引退、その歴史と果たした役割とは