JR東日本は、海外のスタートアップ企業との共創活動の第1弾として、シンガポール企業が開発した「ロボバリスタ」を活用したテストマーケティングを東京駅と横浜駅で実施すると発表した。

ロボットアームでコーヒーを入れるロボバリスタ「Ella(エラ)」
ロボバリスタ「Ella(エラ)」設置イメージ

今回のテストマーケティングでは、バリスタが行う一連の作業を無人化し、1時間あたり約200杯のコーヒー提供を可能にしたロボバリスタ「Ella(エラ)」を使用。本体のタッチパネルからオーダーすると、なめらかに動くロボットアームと、その動きに応じた色鮮やかなLEDライトの演出でコーヒーを入れ、提供するという。専用のアプリを使うことで、待ち時間なしでコーヒーを受け取ることもできる。

テストマーケティングは今年12月に行う予定で、オペレーションとサービス効果を検証する。テストマーケティング終了後は、ロイヤルカスタマー向けサービスとして、AI分析を使ってカスタマイズした「お好みコーヒーサービス」を提供する予定。JREパスポートと連動したコーヒーサブスクリプションサービスも検討しているという。

#駅 #JR東日本 #駅弁 #グルメ


JR東日本、東京駅・横浜駅で「ロボバリスタ」テストマーケティング

関連記事

【南海電気鉄道グループ×大倉グループ】海外IT・技術系人材紹介事業『 Japal (ジャパール) 』新サービス(第3期)開始!

鉄道テレマティクスの市場規模、2026年に73億米ドル到達予測

JR東日本、貴重な車両の体験・見学ツアー – 蒸気機関車や185系など

JR東海、東海道新幹線全線にミリ波方式列車無線 – 2027年運用開始

日本旅行と秩父鉄道、夜行快速「いでゆ」10時間超の乗車ツアー開催

【youtube】改札鋏やダッチングマシンも体験させて頂きました!岳南電車の吉原駅で撮り鉄!