秋田内陸縦貫鉄道は、1989(平成元)年にデビューしたAN-8900形のうち、片運転台車両としては最後となった「AN-8904」が引退することを受け、9月12日にさよなら運転を実施すると発表した。

AN-8900形の片運転台車両「AN-8904」が引退。9月12日にさよなら運転を行う

AN-8900形は計5両を導入。「AN-8901」~「AN-8904」の4両は片側のみ運転台がある流線形の車両で、長きにわたり急行「もりよし」などで活躍してきた。「AN-8901」~「AN-8903」の3両はすでに運用を外れて廃車となっており、最後の片運転台車両「AN-8904」も引退が決定している。

「AN-8904」のさよなら運転は9月12日、観光車両「笑 EMI」(AN-8905)との2両連結で、急行「もりよし」として運行される予定。この日限定で、懐かしい山型の「もりよし」のヘッドマークを「AN-8904」に掲出するほか、「もりよし1・3号」の阿仁合~角館間では、運転士が昔のエンジ色の制服を着用して運転するという。なお、感染症対策のため、ヘッドマーク掲出と昔の制服着用以外の特別なイベントは実施されない。

#鉄道車両の引退 #気動車 #中小私鉄 #三セク #観光列車


秋田内陸縦貫鉄道AN-8900形「AN-8904」引退、さよなら運転9/12実施

関連記事

今年も開催決定!第8回「大宮えきフェス by 大宮駅RENKETSU祭」

2021年10月1日で引退する2階建て新幹線E4系Max車両基地取材と足跡を記録した保存版!『旅と鉄道』増刊10月号「ありがとうE4系Max」を発売します

ハワイに75年ぶり鉄道開通!"乗り鉄″バイデン大統領が目指す高速鉄道網

JR東日本「わくぞく京葉車両センターツアー」社員考案のイベントも

JR東日本185系、南房総を周遊する日帰りツアー11/3実施 – 撮影会も

鉄道博物館「山手線展 ~やまのてせんが丸くなるまで~」10/9から