鉄道敷地内に侵入したとして、警視庁日野署は9日、千葉市の無職男(28)ら男2人を鉄道営業法違反(鉄道地内立ち入り)容疑で東京地検立川支部に書類送検した。2人は鉄道写真の愛好家で、「他人と違う写真が撮りたい一心で、確認せず入ってしまった」と容疑を認めている。

日野署幹部によると、2人は3月24日夕、東京都日野市栄町のJR中央線の線路脇の敷地内に侵入した疑い。引退した特急「踊り子」の車両が機関車に連結されて走る姿を撮影しようと、当日は10人ほどの愛好家が現場を訪れていたという。

#書類送検 #違法 #撮り鉄 #東京


「他人と違う写真撮りたくて」線路脇の敷地に違法侵入、「撮り鉄」の男を書類送検

関連記事

地方の鉄道会社、存続には「行政の支援が不可欠」「経費これ以上削減は困難」

『第14回 タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット』審査結果発表

JR西日本・ソフトバンク「自動運転・隊列走行BRT」実証実験開始へ

「大阪メトロ」御堂筋線淀屋橋駅に可動式ホーム柵 – 10/2運用開始

JR西日本、山陽新幹線姫路~岡山間「帆坂保守基地」10/1運用開始へ

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ