廃車となる特急「踊り子号」の車両を撮影するために鉄橋に入ったとして、警視庁日野署は9日、ともに無職の千葉市の男性(28)と愛知県瀬戸市の男性(23)を鉄道営業法違反(鉄道地内立ち入り)の疑いで東京地検立川支部に書類送検した。2人は鉄道撮影の愛好家「撮り鉄」で、「廃車になる踊り子号が機関車にけん引されて走る様子を撮るためだった」と容疑を認めているという。

書類送検容疑は3月24日午後4時45分ごろ、JR中央線の立川—日野間にある「多摩川橋梁(きょうりょう)」(東京都日野市)に立ち入ったとしている。踊り子号より前に現場を通りかかった快速電車が約30分間緊急停車し、後続の電車にも遅れが出たという。

日野署によると、千葉市の男性は「立ち入り禁止の看板がなかったので入った。他人と違う写真が撮りたかった」、瀬戸市の男性は「有名な撮影スポットで20回くらい来たが、今まで電車が止まったことはない。高く売れる写真を撮りたかった」と話しているという。【柿崎誠】

#書類送検 #撮り鉄 #車両 #警視庁


「撮り鉄」2人を書類送検 「廃車の踊り子号を撮るため」鉄橋侵入容疑

関連記事

いすみ鉄道で写真撮影のロケハン・マナー講座開催へ

検査不正の工場、認証取り消し=製造・販売は継続—三菱電機

【youtube】「鉄道の日(10月14日)」に合わせたお得なきっぷ!全国JR線乗り放題!JRグループ「秋の乗り放題パス」

JR北海道、北海道新幹線延伸に伴う倶知安駅新ホーム10/31使用開始

JR東海、東海道新幹線「S Work 車両」試行 – N700S専用サービスも

JR東日本「485系ジパング ファン感謝デー」盛岡車両センターで開催