小田急電鉄は、CO2排出量実質ゼロとなる電力を使用する「ゼロカーボン ロマンスカー」を10月から運行すると発表した。同社のロマンスカー・VSE(50000形)2編成が対象車両となる。

「ゼロカーボン ロマンスカー」の対象車両はロマンスカー・VSE(50000形)
CO2排出量実質ゼロとなる電力を使用して走行する

「ゼロカーボン ロマンスカー」の運行に必要な電力相当分について、東京電力エナジーパートナー社の「FIT非化石証書付電力メニュー」を使用し、CO2排出量実質ゼロとなる電力に置き換えることで、通常家庭約560世帯1年分、使用電力量360万kWhに相当する1,566トンのCO2排出量が実質的に削減できると説明。運行期間は2021年10月1日から2022年2月28日までとしつつ、以降についても運行を検討するとしている。

小田急グループは2050年のCO2排出量実質ゼロ達成に向け、「小田急グループ カーボンニュートラル 2050」と題した行動指針を策定。これに向けた最初の取組みとして「ゼロカーボン ロマンスカー」を運行する。「新宿から自然豊かな箱根までを結ぶ観光用ロマンスカー・VSEの使用電力を再生可能エネルギー由来の電力に置き換え、環境にやさしい旅を提案します」とのこと。

#小田急電鉄 #電車 #特急列車


小田急電鉄「ゼロカーボン ロマンスカー」VSEが対象、10月から運行

関連記事

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス

アムトラック脱線現場