京都鉄道博物館は7日、北陸本線米原~木ノ本間でイベント列車として運行された「SL北びわこ号」の運行終了が今年5月に発表されたことを受け、「もう一度、『SL 北びわこ号』に会いたい」との声に応える特別企画を9月30日から順次開催すると発表した。

蒸気機関車C56形160号機の牽引で運転された頃の「SL北びわこ号」

特別企画の一環で、本物の蒸気機関車が牽引する客車に乗車できる京都鉄道博物館の体験展示「SLスチーム号」の客車を12系客車(2両)に変更。日替わりでヘッドマークを取り付け、9月30日から10月5日まで運行する。

取り付けるヘッドマークは、9月30日が「SL北びわこ号(春)」、10月1日が「SL北びわこ号(夏)」、10月2日が「SL北びわこ号(秋)」、10月3日が「SL北びわこ号」ヘッドマークコンテストの最優秀賞・優秀賞に入賞した作品、10月4日が「SL北びわこ号(冬)」となる予定。10月5日はヘッドマーク取付け無しとのこと。各日11~16時、おおむね30~60分に1本を運行する。乗車料金は通常の「SLスチーム号」と同様、大人(高校生以上)300円・こども(3歳から中学生まで)100円となる。

「春夏秋冬」ヘッドマーク4種類
京都鉄道博物館開館5周年記念ヘッドマーク2種

「SL北びわこ号」で使用された春夏秋冬の各ヘッドマーク4種をモチーフにしたマグネットと、京都鉄道博物館開館5周年記念ヘッドマーク2種を追加した「『SL北びわこ号』復活&5周年記念グッズ付き入館券」も発売。10月1日0時から11月29日16時30分まで、遊び予約サイト「アソビュー!」にて、500枚限定、一般3,200円、大学生・高校生3,000円、中学生・小学生2,500円、幼児(3歳以上)2,200円で発売する。

#客車 #観光列車 #子鉄 #鉄道イベント #鉄道博物館 #展示施設 #JR西日本 #蒸気機関車


京都鉄道博物館でもう一度会える「SL北びわこ号」特別企画を開催へ

関連記事

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス