JR東日本高崎支社と鉄道博物館は、かつて中央本線の峠越えや寝台特急「あけぼの」の牽引機として活躍し、現在は高崎支社所属となっている電気機関車EF64形37号機の展示イベントを鉄道博物館で9月15~27日に開催すると発表した。

「カシオペア」を牽引するEF64形37号機(2016年撮影)。以前は茶色(ぶどう色2号)の塗装だったが、2019年に国鉄色(青15号・クリーム1号)へ塗装変更された

イベントでは、鉄道博物館の屋外展示エリアに期間限定でEF64形37号機を特別に展示し、車両近くに設けた専用エリアから写真撮影や見学を行えるようにする。車両の片方の前面には、かつて運行していた列車のヘッドマークを掲出し、展示初日の9月15日は寝台特急「あけぼの」のヘッドマークを掲出する。9月16日以降に掲出するヘッドマークは、9月14日に鉄道博物館サイトで発表する。

鉄道博物館の入館料のみで見学可能だが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、参加する際は「てっぱく抽選アプリ」での抽選が必要。抽選は鉄道博物館に入館した後、1日1回のみ可能。当選した場合の見学時間は、入替えを含めて10分間となる。

#鉄道博物館 #展示施設 #機関車 #JR東日本 #鉄道イベント


JR東日本の電気機関車EF64形37号機、鉄道博物館で9/15から特別展示

関連記事

これぞオリパラのレガシー 鉄道業界のバリアフリー化総集編 新幹線のフリースペースや駅ホームの安全対策をご紹介【コラム】

いすみ鉄道で写真撮影のロケハン・マナー講座開催へ

検査不正の工場、認証取り消し=製造・販売は継続—三菱電機

【youtube】「鉄道の日(10月14日)」に合わせたお得なきっぷ!全国JR線乗り放題!JRグループ「秋の乗り放題パス」

JR北海道、北海道新幹線延伸に伴う倶知安駅新ホーム10/31使用開始

JR東海、東海道新幹線「S Work 車両」試行 – N700S専用サービスも