京阪電気鉄道は、テレキューブサービスが展開する個室型ワークブース「テレキューブ」を9月1日から淀屋橋駅と京橋駅に設置したと発表した。

淀屋橋駅に設置された「テレキューブ」とその内部
設置場所概要

「テレキューブ」は、遮音性に優れた個室空間に、Wi-Fiと電源コンセント、空調・エアコン機能を備えたワークブース。テレワークや外出時のすき間時間、電車の待ち時間などを利用し、仕事や勉強、ウェブ会議、オンライン英会話など、さまざまな用途に利用できる。

淀屋橋駅は中央改札付近に2台、京橋駅はアンスリー横コインロッカー室内に1台を設置する。営業時間(利用時間)は7~21時、利用料金は15分275円。利用の際、「テレキューブ」公式サイトから会員登録と予約が必要となる。

#駅 #京阪電気鉄道


京阪電気鉄道「テレキューブ」淀屋橋駅に2台、京橋駅に1台を設置

関連記事

これぞオリパラのレガシー 鉄道業界のバリアフリー化総集編 新幹線のフリースペースや駅ホームの安全対策をご紹介【コラム】

いすみ鉄道で写真撮影のロケハン・マナー講座開催へ

検査不正の工場、認証取り消し=製造・販売は継続—三菱電機

【youtube】「鉄道の日(10月14日)」に合わせたお得なきっぷ!全国JR線乗り放題!JRグループ「秋の乗り放題パス」

JR北海道、北海道新幹線延伸に伴う倶知安駅新ホーム10/31使用開始

JR東海、東海道新幹線「S Work 車両」試行 – N700S専用サービスも