えちごトキめき鉄道は、「観光急行」などに使用される国鉄形電車455系(妙高高原・糸魚川方面の先頭車)のボックス席を1日占有できる「朝から夕まで455」コースを発売する。9月11日から10月末までの「観光急行」運行日に設定する。

455系(クハ455-701)のボックス席を1日占有できる「朝から夕まで455」コースを発売

「朝から夕まで455」コースは、1号車(クハ455-701)のボックス席を占有し、8時間25分の連続乗車で昭和の長距離急行列車の気分を味わってもらおうと企画された。

対象列車は、「(1)快速上り 直江津駅8時43分発・妙高高原駅9時37分着」「(2)快速下り 妙高高原駅9時44分発・直江津駅10時35分着」「(3)急行1号 直江津駅11時26分発・市振駅12時52分着」「(4)急行2号 市振駅13時10分発・直江津駅14時31分着」「(5)急行3号 直江津駅15時3分発・糸魚川駅15時51分着」「(6)急行4号 糸魚川駅16時40分発・直江津駅17時8分着」の6列車。直江津駅と糸魚川駅での折返し整備時間も車内に滞在できるほか、「急行1号」で「蟹いっぱい釜飯」、「急行3号」でプチスイーツとコーヒーを提供する。

料金は、1ボックス1名占有で6,800円、1ボックス2名占有で1万3,600円(いずれも大人・小児同額)。杜氏を再現した硬券の指定席券が6列車分発券される。乗車の際、利用人数分の「ホリデーツアーパス」が別途必要。えちごトキめき鉄道ネット予約サイトにて予約を受け付けている。

#観光列車 #国鉄 #中小私鉄 #三セク #電車


えちごトキめき鉄道455系ボックス席を占有「朝から夕まで455」発売

関連記事

『タモリ倶楽部』鉄道ファンも知らない? 「超ニッチな鉄オタ」紹介

乗り鉄の過酷すぎる猛暑の大冒険!?「全駅下車旅」の極意

1928年製「モ161形車」お披露目、CF活用して大規模修繕

コレクションケースにおさまるミニチュア世界 生活感あふれる住宅地ジオラマ

横浜市の新交通「上瀬谷ライン」成功の鍵は – 新市長は「再検討」

2階建て新幹線「E4系 Max」がついに引退、その歴史と果たした役割とは