国鉄急行形車両好きな人には悩ましいきっぷが出現してしまった———。

国鉄交直両用急行形車両といえば、いま注目されているのが、えちごトキめき鉄道。

えちごトキめき鉄道は、9月11日から10月末までの観光急行運行日に、同社が保有する国鉄形観光急行455系車両(妙高高原・糸魚川方面の先頭車)の、ボックス席を1日占有できる「朝から夕まで455」コースを設定してしまった。

昭和の長距離急行の旅を疑似体験!

「朝から夕まで455」コースは、次の6列車の455系車両のボックス席を占有していく1日旅。

快速上り 直江津08:43発 → 妙高高原 09:37着
快速下り 妙高高原09:44発 → 直江津 10:35着
急行1号 直江津11:26発 → 市振 12:52着 ◆蟹いっぱい釜飯サービス付
急行2号 市振13:10発 → 直江津 14:31着
急行3号 直江津15:03発 → 糸魚川 15:51着 ◆プチスイーツ&コーヒーサービス付
急行4号 糸魚川16:40発 → 直江津 17:08着

なんと、この国鉄急行形455系に乗って旅する連続乗車時間は、8時間25分!

しかも直江津駅、糸魚川駅での折り返し整備時間も車内に滞在できる。ただしその間列車から降りられないという。

そして急行1号では蟹いっぱい釜飯、急行3号ではプチスイーツ&コーヒーがつく。

さらに、当時を再現した硬券で指定席券が6列車分がつく(払戻し不可)。

気になる指定席料金・サービス料金は、1ボックス1名占有が6800円、1ボックス2名占有が1万3600円。子どもは同額。乗車には、別途利用人数分の「ホリデーツアーパス」が必要。

———えちごトキめき鉄道が打ち出した、悩ましいきっぷ。気になる人は公式ホームページをチェックしてみて。

画像:えちごトキめき鉄道

#国鉄 #トキ #発売 #車両


国鉄455系に8時間超え連続乗車! えちごトキめき鉄道がボックス席1日占有きっぷを発売

関連記事

【南海電気鉄道グループ×大倉グループ】海外IT・技術系人材紹介事業『 Japal (ジャパール) 』新サービス(第3期)開始!

鉄道テレマティクスの市場規模、2026年に73億米ドル到達予測

JR東日本、貴重な車両の体験・見学ツアー – 蒸気機関車や185系など

JR東海、東海道新幹線全線にミリ波方式列車無線 – 2027年運用開始

日本旅行と秩父鉄道、夜行快速「いでゆ」10時間超の乗車ツアー開催

【youtube】改札鋏やダッチングマシンも体験させて頂きました!岳南電車の吉原駅で撮り鉄!